2007年4月17日 (火) 絵本を描いております

2021年9月19日

別に隠していたわけじゃないけど、言うタイミングを逃してズルズルと・・

いつも言っている「例のアレ」。

先日、美術雑誌の取材でその事に触れられ「記事にしても大丈夫ですか?」と言われ、断る理由もないので承諾。

その雑誌でお知らせする形になるのは嫌だと思ったので、今回この場を使って。

今、絵本を描いております。

去年の1月くらいから夏頃までストーリを考え、絵を描きだしたのはそれから。

状況はと言えば、今で4分の1が過ぎたあたり。

80ページに及ぶその絵本、1ページを描くのに約15時間。

単純計算で全て描き終えるまでに1200時間。そりゃ時間がかかるわけだ。

話は、

「お爺さんの不思議な望遠鏡」

「トキオの赤いハシゴ」

「ドンドコ山の怪物」

「インク」

の4部構成。

そのうちの一つ「インク」は以前このブログでも少し書いた「夢作家」の話。

僕達は子供の頃から、何百回何千回と夢を見てきた。

夢というのは、眠ると自分の意思とは関係なく勝手にストーリーが展開する。

「そんな、何百何千というストーリーを考える能力なんて自分にはないぞ」

と子供の頃に思ったのが発端。

僕が子供の頃に作った話に肉付けした。

世界の奥の奥にいる、世界中の人達が見る夢の脚本を書いている夢作家さん。

作家さんが書く脚本の締め切りは「おやすみなさい」が聞こえるまで。

夢作家さんは今日も大忙し・・

冒頭はそんな感じ。あたりまえだが話せるのはここまで。

今は「トキオの赤いハシゴ」の2ページ目を描いているところ。

まだまだ先は長いですが、絶対に完成させるので期待していて下さい。

結構、面白いよ。

2007年4月

Posted by nsnkouron