2007年6月 5日 (火) 面白くなるなら、まぁいいか

いつも人を羨んだりしてしまう。

できればそういった思いはしたくはないが、そんな思いばかりするのは、

競争相手が死ぬ気で頑張っている結果だと思う。

以前は「大御所が集まったパーティー会場に雷が落ちてくれないかね」

そんな事ばかり考えていたが、

「やはりそういった人達というのは、自分が面白くなる為に必要な存在なんだろう」

最近はそんなご立派な事を純粋に思えるようになってきた。

他人の評価と僕の成長が比例しているからだ。

「評価されるだけ評価されればいい」

あの人が評価されればされるほど、どうせ僕は悔しくなって頑張る。

あの人が面白くなればなるほど、どうせ僕は負けないように面白くなる。

最終目標は自分が面白くなることなので、そんな事でいいと思うわけです。

しっかし、面白くなりたいなぁ。

タイトルとURLをコピーしました