2007年6月19日 (火) ブログ冥利に尽きる

ひかり荘の配信も終え夜中の3時前。

靴を履いて外に出ると「パシャ、パシャ、パシャ」とカメラのフラッシュ。

「西野さん、お聞きしたい事が・・」、お久しぶり週刊誌だ。

心当たりといえば先日のコンパ・・その事か?

「今度、芸能人の失言を特集しようと考えていまして・・」

どうやら違ったらしい。それにしても何の失言をしたのだろうか?

「3月のブログでTVが面白くないと書いていましたが、TVマンとしてそれは・・」

確かに、そんなような事を書いた覚えはある・・3月2日の「TV離れ」の事か・・

それだったら「TVが面白くない」とは叫んでおらず、「TVを観ない」だ。

家に戻り内容を見返してみると失言でも何でもない。

キチンと自分の中で整理して発した正直な言葉だった。

どういうカタチで載るのかは分からない、まぁ多少の色はつけるのだろう。

それは本を面白くする為の演出だろうしかまわないが、

「嘘を足すのは止めていただきたいな」というのが本音。

その内容を皆にイジられた時に困るからだ。

しかし・・ブログの一節、わざわざそんなことを取り上げて頂いて感謝です。

ブログをやっている意味がある。

タイトルとURLをコピーしました