2007年6月22日 (金) ボタン師匠

「おいっ、クソガキ」
下町情緒あふれる乱暴な言葉で呼び止められる。

振り返ればボタン師匠。

その日は浅草花月で中田カウスボタン師匠と出番が一緒だった。

「母ちゃんに会っとんのか?」と言われ
「最近、帰れてないです」と答え、怒られる。

ボタン師匠とは僕らがまだNSC生だった頃、

初めて持たせてもらったラジオのレギュラー番組からの付き合い。
生放送おかまいなし、放送禁止用語をバンバン言っちゃうボタン師匠に

毎週振り回されるも、毎週放送終わりにはご飯に連れて行ってもらった。

ラジオのゲストやら、NGKやらによく母ちゃんが来ていたもんで、

師匠は母ちゃんとも仲が良く、それだけにぞんざいに扱っていると怒られる。
優しいのです。

当たり前のように中田カウスボタン師匠の漫才を舞台袖まで観に行き、

やはり再確認。

漫才の締めの言葉
「もうええわ」
この言葉を芸人の中で一番カッコ良く言うのは間違いなくボタン師匠だ。
最高の笑顔で、アゴをクンッと前に突き出して、ゆっくりと大事にその言葉を放つ。

言葉に色気があるのだ。カッコイイなぁ。
ああいう言葉を言えるようになりたいもんだ。

もうちょっと生きないと難しいか。

まだクソガキです。

タイトルとURLをコピーしました