2007年6月28日 (木) ひとり旅

「着のみ着のまま一人旅~」とはアナタキコウさん。「幻想港町」いい曲です。

毎週金曜日と土曜日のスケジュールは「はねるのトびら」で押さえられているのだが、「収録が急遽なくなった」と情報が入ったのが昨夜。

そんでもって明日が金曜で、土曜だ。

いきなりの2連休。こうなったら旅しかない、一人旅だ。

思いたったらすぐ行動。

朝、「笑っていいとも」のメイク室にてタモリさんに旅の相談。

少し話すと、早々に楽屋に戻るタモリさん。

話がつまらなかったか?

そうではない。小さなメモ用紙を持って、僕の楽屋へやってくるタモリさん。

「この便に乗ると、この時間に到着するよ。ホテルは目ぼしい処があったから電話しといた」

なんと。

言葉が出ない、いつもいつも。

いつかちゃんと恩返ししたいなぁ。

明日の朝忘れないように、NikonのD50を玄関に置いておこう。

今回の旅には用事がある。

絵本の第三部の舞台のイメージにより近い場所に行くこうと思う。

資料写真を撮るのだ。

また仕事か?と言われれば返す言葉もないのだが、絵本に関して言わしてもらえば、僕の描く街や森は僕の言ってみたい街や森なのである。

公私混同といったところか。

生まれた所がそこそこ田舎であったので、近くに森はあったのだが、

どうやらそこには本物の森があるとのことで・・

ちょっくら屋久島へ行ってきます。

タイトルとURLをコピーしました