2007年7月 3日 (火) 7月3日生まれの悩みのタネ

2021年9月19日

今日、27歳になった。

毎年、この日の前後は各現場で祝って貰っている。

今年もチラホラと聞こえ始めてきた「おめでとう」という声。

「母ちゃんは頑張ったけど、別に俺が何をした日というわけでもないしなぁ・・」と突っぱねていたのは数年前。

今は少し大人になって誕生日会という場で自分の意見を持ってしまうのは御法度だと思うようになった。

「祝うのは好きだけど、祝われるのはチョット・・」というのは自分勝手かと。

そんなこんなで、この日ばかりは周りの演出に乗っかるように心がけてはいるのだが・・少しだけ苦手な事がある。

「27歳の抱負は?」

という質問だ。

チョイと待ってくれ、正月に「今年の抱負」を述べたばかりだ。

「その抱負、正月も言ってたじゃん」とさえ言われた事もある。

しかたないじゃないか、まだ今年だ。

ここが、6月末~7月頭に生まれた奴の悩みのタネ。

例えば1月生まれだと、「27歳の抱負」と「今年の抱負」の期間がほぼカブっているから、抱負は一つで済む。

12月生まれもそうだ。「27歳の抱負」と数日後にやってくる来年の「今年の抱負」の期間がほぼカブっているので抱負は一つ。

ここからズラしていくと、次に楽なのは2月生まれと11月生まれという事に。

という考えでいけば、正月から一番離れているのは正月から半年経った辺りだ。つまり6月末~7月頭生まれ。

僕が「27歳の抱負」を言ったところで、半年後に「今年の抱負」を尋ねられる。

「27歳はライブを50本やります」と言って、半年後にまた抱負だ。

しかたがない、別の抱負を探す。

毎年、抱負を2つ用意しなければならない。

この辺りに生まれた奴の宿命だ。面倒クサイがしかたがない、受け止めよう。

わかりやすくする為に「抱負」を正月からの半年間と、誕生日からの半年間の2つに分ける。その方が自分の中で整理がつく。もう、そうする。

そうするのでスタッフの皆さん、今年の誕生日は・・

「下半期の抱負は?」

と聞いてくださると助かります。

あ、でも

このブログを読んでいない人がソレを聞くと、

「なんでそんな聞き方されてんの?」

と言ってくるに違いない。

となるとその都度、この説明をするハメに・・

その方が面倒クサイぞ。

一体どうすりゃいいんだ、江原さん。

2007年7月

Posted by nsnkouron