2007年7月17日 (火) 第14回 西野亮廣独演会in小樽を終えて

2021年2月22日

札幌での営業が2本、キングコングで。

一本目終わりで、新しいネタを梶原に持ち込み、ネタ合わせ。

2本目の頭でかけてみて、反応も上々。この形もイケるのではないかと思える内容。

営業終わり、マネージャーと、前説を担当してもらっている後輩のイシバシハザマと車に乗り込み、小樽へ。「第14回 西野亮廣独演会」だ。

小樽に着き、会場を吟味。

古い建物で風情もある、ただ間違いなくお笑いはやりにくい。

天井が高く、笑い声が逃げる作りだ。

聞けば多目的ホールらしい。やはりライブ小屋とは違う。

ライブスタート。

いつもと変わらないクオリティーであるはずだが、笑い声がすぐに終息する。

建物だろう。

しかし、これでいいのだ。

やりよい環境で「ぬくぬくと」ではなく、場所を選ばず、人を選ばず。

どこに放り込まれても結果を出せる芸人になるのである。

そのための訓練だ。

ライブは1時間半。

ホテルは札幌でとっていたので、ライブ終わり、車で戻る。

道中、小樽の地ビールを購入。

イシバシハザマと共に車の中で乾杯。

なんだか、ライブであった。

楽しかった。

2007年7月

Posted by nsnkouron