2007年7月30日 (月) 後藤ひろひと

2021年9月19日

「一度、観にいらっしゃい」とのことで、

本多劇場まで「ひーはー」という舞台を観に行った。

その声をかけてきたのは、今回の舞台を手がける張本人、後藤ひろひと。

本番前、楽屋に挨拶に行く。

「おぉ、あっくん。達者か?」実に3年ぶり。

差し入れの玩具「スペースワープ」を渡し、

「メチャクチャ楽しみにしてます!」と言うと、「メチャクチャ楽しいよ」と後藤さん。

相変わらず。

楽屋を後に、チケット片手にハシャぐ僕。

後輩に窘められながら、席に着く。

舞台に組まれたセットを観て、すでに楽しい。

始まった。

ストーリー展開から演出にいたるまで、質が違う。

「悔しい」と思ったのはもう少し後で・・上演中は面白いはもちろん、とにかく楽しい。

特にクライマックスは、もう楽しくてどうしようもない。

鳴り止まない拍手の中、幕が閉まった。

終演後、楽屋に挨拶。

ひたすら「楽しかった」を連呼する僕に、「呑みに行くぞ、あっくん」と後藤さん。

ビール片手に、お笑いの話やら、ビリーワイルダーの話やら、恐竜の話・・

そういえば大阪時代。2人で呑みに行っては、こんな話ばかりしていた。

舞台作りの話も聞いた。

何ヶ月にもわたって皆と一つのものを作り上げる作業。

スケジュールをソレ用にドンッと割くわけだ。

今の僕には少し難しい事で、さらにそれは羨ましい事。

レギュラーを欲しがったり、はたまたその逆を求めたり・・

いつも無いものねだりの僕。

そんな事を思ったのも、とにかく今日のあのオヤジがカッチョ良かったからだ。

超えたいもんだ。

「あっくんはどうなりたいの?」と後藤さん。

「面白くなりたいです」と僕。

ニコッと笑った後藤さんが「あっくんは面白いよ」

この上ない。

また泣きそうになる。

最近はどうも涙もろい。

楽しさやら、悔しさやら、羨ましさやら、嬉しさやら・・今日という日は忙しい。

とにかく、この人と撃ち合い続けられるよう精進しよう。

手強いなぁ。

店を出れば豪雨。

タクシーを待つ間、

「ジャンケンで負けた方が10秒間雨に打たれなければならないゲーム」

で大盛り上がり。

帰りのタクシー。

「ひーはー」の傑作ぶりを思い返す僕はビッチョビチョ。

そんなことはおかまいなしに、思い出し笑い。

また一つ、刺激された一日でありました。

2007年7月

Posted by nsnkouron