2007年8月31日 (金) 同期

今はもう何もないが「はねトび」しかり、デビューからずっと先輩方の輪の中に放り込まれてきた。

南海キャンディーズ山ちゃん曰く

「同期は皆キングコングの事が嫌いだったよ。俺、そのリーダ」

NSC当時、僕たちがお笑いコンクールの生放送に出ているのを、同期の皆は授業の一環として教室に集められ、三角座りでTVを観させられたという。

今となっちゃ、山ちゃんのソレは笑い話だが当時はそんな感じで、嫌われているのもわかっていたから、自分から皆に近寄る事もせず・・そのまま東京に来た。

でも本当は、

気を使わず一緒にモノを作って、気を使わず一緒にスベって、気を使わず一緒に酒呑んで、気を使わず一緒にグチって・・・そんな事にずっと憧れていた。

でも僕は嫌われていたから「そもそも皆に興味ないし」と逆にツッパってみた。

でもでも、こっそり皆の舞台を観に行った。すんごい面白かった。

舞台終わりに一緒に呑みに行きたいと思ったけど、無理だったから帰った。

僕は芸人さんが好きだ。

その中で同期だけ距離が空いてしまって・・

そもそも同期というのは最も距離のない存在であるはずだ。

最近は変にツッパるのはやめて、もっと正直に動こうと思うようになった。

自分から歩み寄ろうと思った。

「日の出アパートの青春」は山ちゃんに声をかけた。

今日は平成ノブシコブシの吉村と呑んだ。

「神保町花月はどうよ?」

「どんなHした事ある?」

「昔、アンタの事嫌いだったよ」

「今度一緒にライブしたいなぁ」

楽しかった。

ずっとしたかったんだもの。

今度の日の出アパートの青春の舞台、内輪になりすぎるのもよくないとは思うも、

1組くらいは同期に声をかけてみようと思う。

そんで舞台が終わったら一緒に呑みに行こう。

タイトルとURLをコピーしました