2007年9月17日 (月) 沖縄での独演会を終えて

2021年2月22日

国立劇場の舞台袖はとてもしんとしていました。

「第16回西野亮廣独演会in沖縄」が終わった。

男女の比率がちょうど半分くらい、いいお客さんだった。

今回は劇場の都合上、時間をオーバーしてはいけなかったのでキッチリ1時間半。

舞台袖から思いのほか早く、「残り15分」のカンペが出される。

充実していたのだと思う。

ライブが終り、打ち上げの場で喋る、お笑いの事柄。

舞台を終えた安堵感と泡盛が手伝って、話に熱が入る。

この時間がたまらなく楽しい。「仕事がしんどい」と嘆く方々に教えてあげたい。

修学旅行で布団にくるまって夜な夜な友達と喋るような、あのドキドキ。

僕はこの感覚をずっとずっと味わっていたいと思ったのです。

来週は「第17回西野亮廣独演会in大分」、キチンとした告知は何一つしていない。

なんとか聞きつけてやって来て下さい、大分の皆さん。

たぶん面白いと思います。

沖縄はまだまだ夏で・・

女の子の白いTシャツから水色のブラジャーが透けておりました。

もちろん本人も気づいているはずなのに何故?確信犯か?

その真意は定かではないが、とりあえず僕はあなた方に「ありがとう」と言いたい。

2007年9月

Posted by nsnkouron