2007年9月18日 (火) とりあえず、まとまった事を書いておく

2021年2月22日

何でもやりたがる性分、人様の舞台を観に行こうものなら、すぐに「僕も」となる。

なかなか治らない僕の癖だ。

とり方次第でそれは「ストイック」という皆様が好きそうな言葉の中にカテゴライズできるが、逆に「器用貧乏」ともとれる。

後者はよろしくない。

今回マネージャーと話し合い、一度整理した。

基本的な柱は3本。

・TV、ラジオ、漫才などの・・キングコングの仕事。

・個人のスキルアップの為の・・独演会。

・付加価値として・・絵本制作。

それ以外にも、「ブログを毎日更新する」「神保町花月の脚本を年に1度は書く」などあるが、大きくは上に挙げた3本。

独演会はいきなり2週間前とかに公演が決まったりするので、キチンとした告知ができていないのが現状。

そのシワよせとして、僕のブログを観ているようなディープな客層になってしまう。

何故そういった事態を招いているかといえば、「確実にこの日は休み」となってからスケジュールを埋めるように独演会を入れているからだ。

急遽入るかもしれない仕事の為にギリギリまで空けておかなければならないのだ。

もちろんコンビの仕事の方が優先だから、それでいい。

僕の都合で、コンビの仕事を断るわけにはいかないのだが・・

キチンとする為にはちゃんと「2ヶ月後のいついつ」と決めてしまって、そこに後から仕事が入ってきてもお断りする方向にしていかなければならないのかもしれない。

27日の渋谷は2ヶ月前には決まっており、キチンと告知ができたのだ。

それは、その日にキングコングの仕事が入ってもお断りさせてもらうと決めての判断。

いい客層になると思う。

独演会に関してはまだまだ詰めていかないといけない部分がある。

絵本制作はね・・例えば今後、小説という選択肢もある。

芸人さんの書く小説は本当に面白いし、魅力的。

「僕も」と、なりかねないのだが・・・

せっかく絵本に手を出してるのだから、出せるのだから、そこを極めてみようと思う。

今は「生涯、小説は書かない」と決め込んでいるのであります。

僕は絵本を描く。本気で描く。

キングコングの仕事に関しては、今のマネージャーが振ってきた仕事は「とりあえず乗っかろう」と思うわけです。

やってみてから意見を言おうと、そういうわけです。

内容どうであれ、とりあえず全て乗っかります。

俺、決めたんですわ。

ここにこうやって書かないと「おい西野、言ってることと違うやんけ」とならないので、今回整理した事を書こうと思いました。

とりあえず、僕はこの3本を軸に動こうと思う。

毎度、暑苦しい内容で申し訳ない。

別に暗い人間ではないのよ。

書いていて楽しい文章を、僕は書いているだけです。

ロケバスの中。

朝からのロケで皆疲れて眠っています。

そして僕は皆の寝息を聞きながらこの文章を書く。

それはなんだか抜けがけをしているようで・・・

僕は興奮するのです。

2007年9月

Posted by nsnkouron