2007年10月12日 (金) コンパの帰り道

2021年9月19日

馬場ちゃんと作家のトンボと呑んで家路に着いたのが午前4時。

間もなくベロベロに酔っ払った芸人友達から電話がかかり、「今、西野の話題で盛り上がってて電話した。おいでよ」と誘われる。

「もう寝るから」なんて言いたくない僕、もちろん向かう。

店に着くと女の子、コンパ。あらまぁ。

皆ある程度出来上がっている状態。

横に座った女の子が話しかけてくるも、終始敬語で答える僕。

ノリノリでダジャレなんかを言っている芸人に少し愛想笑いしてしまった僕。

もちろん女の子をどうかしようなんて思わない、面倒くさいし先に一人で帰る。

そして帰りのタクシーで思う。

変にプライドを持ってしまうようになったなぁ。

状況がどうであれ関係ない。芸人なら目の前の人を笑わせないといけないのだ。

「コンパ」という場所にひいてしまった僕は芸人として失格だ。

ノリノリでダジャレを言うことが、あの場では芸人の正解だったのかもしれない。

うーん、少し大袈裟か。

まぁとにかく言いたいことは、「バカになれないといかんなぁ」と最近思うわけです。

根がカッコつけなのでしょうか、自分はその辺りがヘタクソだなぁ、と。

「お前らが寝てる間にも俺は・・」てな事を考えてしまう節のある自分を反省します。

まわりからすれば関係のないことだから。

気を抜くと、すぐに僕は堅苦しくなってしまう。

バカになる・・・芸人としては大事なことだと思います。

コンパ帰りにそんなことを思いました。

いろんなことが勉強になるもんです。

2007年10月

Posted by nsnkouron