2007年10月18日 (木) 漫才師の一分

2021年2月22日

最近は漫才が楽しくてしかたがない。

どういった心境の変化かはわからないが、前にも増して漫才が楽しい。

木曜日に出番が多いので、『いいとも』の現場で軽くネタの確認をして、劇場へ移動後、出番前にネタ合わせ。

新ネタ一発目は必ずといっていいほど、上手くいかない。

結構な時間をかけて書いたのに・・・自分のスットコどっこい脳ミソを恨む。

もっと頑張れ、俺の脳ミソ。

それでもめげずにネタの修正を繰り返して、ようやく1本のネタが出来上がる。

そして、その過程なんかも楽しい。

漫才をTVでよくしていた頃は、あちらこちらでネタをしなければならなかったので、ネタ作りが間に合わず『オンエアバトル』で新ネタ・・というのもあった。

納得のいったネタができず、その時はその環境に文句をタラタラ言っていたが、

やはり無いものねだりか、今はそういう環境を羨ましく思う。

漫才を心から楽しいと思えているからだと思う。

自分が楽しんでいる様を見せたいのだ。

今はルミネの合間。

もうすぐ本日2回目の公演が始まります。

梶原との集合場所はセンターマイクです。

最後の一文は木村拓哉さんの感じを出してみました。

2007年10月

Posted by nsnkouron