2007年10月24日 (水) あなたがいてくれて僕は幸せ

2021年9月19日

神保町花月のお芝居を観に行った。

「日の出アパートの青春」の公演が年明けに決定したもんで、人様の舞台を観て勉強。

結局、演出は人に頼む事にした。

支配人から僕がよく知る信頼できる人の名前を挙げてもらったので、迷わず。

まだ発表できないが、出演者から演出から本当に素晴らしい先輩方に協力してもらえる事となった。僕が一番末っ子、ペーペーだ。

僕からお願いしたのに、先輩は「仕事くれてありがとね~」とか言うんだ。カッコイイなぁ。

舞台を観終わり、そのまま本社の会議室へ。

脚本を書き直しながら、これを先輩方が演じてくれるという幸せに包まれてニヤニヤ笑う。

この本が僕の手から離れ、もっともっと面白く成長するわけだ。無条件に嬉しい。

会議室にて一人テンションが上がる僕。

稽古は毎日観に行きたい。

何を口出すわけでもないが、「日の出アパートの青春」を特等席で観たい。

あぁ、想像すると興奮してしまう。

お笑いが好きで好きでたまらない。形あるなら抱きしめる。

誰にも聞かれないなら、女子高生みたく「キャー」と叫んでみたい。

僕はいつまでたっても『お笑い』に憧れる。

こんな日は「お笑いがいてくれて良かった」と心から思えるのだ。

2007年10月

Posted by nsnkouron