2007年11月 3日 (土) 今の僕は安定期なんだとさ

昨日からの流れ

ルミネの楽屋で堤下(先輩)とNONSTYLE石田と談笑中、後輩が携帯電話を新機種に換えたと自慢してきたので僕は我慢できず後輩の携帯電話を取り上げて口に放り込んでバリバリ噛み砕いてやった結果、液晶の上半分が割れてしまって落ち葉のような形をした黒い影ができてしまう。「秋っぽくでいいじゃない?」という堤下の意見に「ありがとうございました」と狂った後輩。皆、爆笑。愛してるぜ八木ちゃん。

夜は芸人仲間数人と作家さんとディレクターさんと恵比寿で飲み交わす。

「西野は2ちゃんねるで天才的に嫌われている」という話題で皆、爆笑。

ブログの話になり、僕の事をよく知る人に言わせれば「西野のブログを見たら、今が安定期か、ぐらぐら揺れている時期なのか、西野の精神状態が手に取るようにわかる」とのこと。

そして最近は安定期らしい。

その後、もう一軒行ったが酔いつぶれて覚えていない。

朝はいつもどおり10km走って、『はねるのトびら』の収録。

回転SUSHIのセットの難点は僕とボケ陣の間に回転寿司カウンターがある為、頭を叩きたくとも手が届かない。

スリッパが用意されていたがまだ届かないし、寿司屋の大将が手に持っているのも不自然。セットのまな板の上に魚を一匹見つけ、しばらくはそいつでボケ陣の頭を叩いていたが、

まだ届かない。前回の収録終りに美術さんに頭を叩く用の大きめの魚を発注したら、見事に作っていただいた。叩き心地も抜群。ありがとう美術さん。

収録終りは楽屋でネタ作り。

天才マネージャー織田くんが入ってきて、自分が出るわけでもない、出たわけでもない番組のアンケートを渡され意味がわからない。

「何コレ?」

「いや、上の方から頼まれまして・・」

僕はこの「上の方」という言葉が大嫌い。責任逃れの感じが嫌い。なので帰した。

一つ動こうにも会社が大きいと難しいもんだ。つくづく感じる。

懲りずにネタ作り。

今頃、どこかでカワイ子ちゃん相手にチンポコ突っ込んでいる奴がいるのかなぁ、なんて考えてしまい、それが怒りに変わり、その力が天才的な勢いを生み、5分の漫才を一気に書き上げる。

ネタを梶原に送る。

帰宅後、夜飯であるシーフードヌードルに手をのばす。

先日、家の前にある個人で経営されている謎のコンビニでまとめて10個買ったら、レジで「栄養が偏るから、ちゃんと他のものも食べなさい」とレジのおばちゃんに怒られた。

それでも一人の時は夜飯に時間を使うが面倒くさいのでシーフードヌードル。ごめん、おばちゃん。

お湯を沸かしていたら馬場ちゃんから電話「飯行かない?」

馬場ちゃんのおかげでいつもどうにかこうにか僕は栄養が取れているのだと思う。感謝、感謝。

その馬場ちゃんが「明日休みだから紅葉を観に行きたい」と言い出して、そういえば『たべごろマンマ』のロケ地で紅葉がすんごい綺麗な所に行ったことがあったと思い出し、ベッキーに電話。

お互い薄っすらとした記憶を交換して、なんとなくの場所を割り出し電話を切る。

30分後、ロケ地を正確に割り出したメールがベッキーから入る。

家に帰って、『たべごろマンマ』のホームページで調べたらしい。

ベッキー、僕はあなたを愛しています。なので『第一回ニシノアキヒロ賞』を授けます。

平和な一日が終わろうとしている。

安定期かぁ・・そうかもしれない。

まだゲロ吐いたりしているが、イスとかをブン投げる量は減ったし、「毎日が楽しい」と思えるし。

でも「落ち着いた」というニュアンスは少し違うのだ。

どちらかというと「フッ切れた」感じが強い。何をすべきかが明確になったといいましょうか。

また必ず来る、ぐらぐら揺れる時期が。

個人的にはどっちも好きなので、かまわない。

絵本制作が二日空いてしまったので、明日で取りかえそうと思う。

日本中をビックリさせてやるのだ。

ダラダラとくだらないブログをすみません。

最近どうも長くなってしまう。気をつけます。

風呂場の電球が切れたので、今からコンビニに行ってきます。

そして今夜は読書に更けこみ、何かを吸収して、

明日も頑張って生きます。では。

タイトルとURLをコピーしました