2007年11月10日 (土) base芸人

2021年9月19日

僕にはすごくすごく嬉しくなる日がある。

それは全国ネットの番組で、ブラックマヨネーズさんやチュートリアルさんやフットボールアワーさんやレイザーラモンさんや麒麟さんやレギュラーさんといった先輩方と一緒になる日だ。

当時、『baseよしもと』で毎週月曜日にやっていた『ガブンチョライブ』のメンバーだ。

毎週皆で新ネタをおろして競争して、お客が30~40人くらいしか入らないから愚痴って、喧嘩して、そしてそんな中で僕はこの先輩方からお笑いのイロハを盗んだ。

皆本当に面白くて、それこそNSC生の僕なんかが歯が立つわけもなく、何もできなかった。僕はこの先輩方にすごく憧れて、「なんでこんな面白い人達ばっかりやのにお客が集まらんのかな?TVに出てるあの人より絶対に面白いよ」と、なんだか僕の立ち位置がわからないが、とにかく悔しくてTVの中に文句を言った。

そして僕達キングコングが東京に行く時。

お客さんから言われた。

「キングコングは大阪を捨てた」

すんごく寂しかったのを覚えている。

違うよ。大阪が面白い事を証明するには全国で戦わないといかんのよ。

そして全国で活躍している奴が「僕は大阪のbaseよしもとで育ったんです」と言うところに意味があり、大阪愛があると思うのです。

先日、『笑っていいとも』のコーナーゲストがブラックマヨネーズさんだった。

ブラックマヨネーズさんの登場まもなく僕は生意気に小杉さんの頭をイジる。

もう劇場でも何度もやったカラミだから、ブラックマヨネーズさんと僕達の時間。

あの『笑っていいとも』の時間をガブンチョメンバーで使えた事が僕はとても嬉しかった。

『キンコンヒルズ』にも来ていただいた。

ブラックマヨネーズさん、チュートリアルさん、フットボールアワーさん、レイザーラモンさん、麒麟さん、レギュラーさん・・

全国ネットの30分をガブンチョメンバーの二組で使えた事が僕はとても嬉しかった。

間違ってなかったんだ。

あの時、僕が憧れたガブンチョメンバーは確かに面白かったんだ。

少しだけ、ほんの少しだけ、「大阪を捨てた」と言ったお客さんに証明できた気がする。

そして『baseよしもと』で育った僕は、その都度やっぱり大阪が好きだと思うのだ。

そう思える日、僕はすごくすごく嬉しくなる。

ちょいと前、僕は小杉さんに言った。

「またガブンチョライブやりません?今やるとあの時より絶対面白いと思うんです」

小杉さんは答えた。

「あの時やったから良かったかもよ、みんな仲悪かったもん」

確かに。

僕は先輩方にすんごい憧れていたけど、先輩方の事がメチャクチャ嫌いだった。

おかしな事言っているが、そうだったのだ。

誰かがウケようもんなら納得いかない。皆でカブして、オチの取り合い。

毎週バッチバチの喧嘩だ。

楽屋では誰もまともに口を聞いていなかった。

仲悪かった、だから良かった部分があったのだ。

確かに『ガブンチョライブ』はあの時にしかできないか。

でも一緒の舞台に立ちたいな。

日曜日なら比較的スケジュールが何とかなるから、その日にブラックマヨネーズさんが大阪でやっている『よしもと無限大』に出させてもらおうかな・・頼んでみよう。

「大阪を捨てた」と言ったあの時のお客さんへ・・

気に入らないならすみません。やっぱりこれが僕の思う大阪への愛情表現です。

これからも全国ネットでbase芸人として汗を流したい所存です。

毎月NGKには出ているので、また気が向いたら観に来て下さい。

また今度、大阪に帰ります。

2007年11月

Posted by nsnkouron