2007年11月11日 (日) 挫折

2021年9月19日

僕がネタを考えて梶原がボケる。

人に言わせればコレがなんとも奇妙奇天烈な構図らしいのだが、二人で0から作る事なんてやろうと思ってもできないし、キングコングを組む前に梶原と遊びでネタをやっていた時からこの形だったから何の違和感もない。

しかし考えてみれば梶原がシコシコぶっこいている時に梶原が言うボケを何時間も頭を抱え込んで考えているわけだ。

そんで書き上げたネタを持っていって「このボケはちょっと・・ないかも・・」ときたもんだ。

この僕のけなげな感じときたら何だ。

ウケが見越せないボケをカットするのはもちろんわかるが、そもそも僕が考えないと何も「ない」のである。

腹が立つぜ、梶原よ。

だからこうしようかと。

ウケが見越せないボケに「ない」と言うのではなく、ウケが見越せるボケに「コレやらせて」と言わせる、『このとっても面白いボケ是非やらさせて下さいシステム』の導入だ。

しかしこのシステムの導入と同時に生まれてしまうのが、

「そしたら何かい?おめぇさんは嫌々ネタを書いているのかぇ?」

という意見。

そうではない。そこはやっぱり好きでネタを書いている。

ただ僕は自分がけなげな感じになっているのが嫌なのだ。

どうすればいい?

もういっその事、僕がネタを書き始めるときに梶原に電話して、

「俺、今からネタを作るから、オマエその間はシコシコすんなよ」と言ってやろうかしら。

いや違う。これじゃ割が合わない。

なぜならシコシコ禁止は今僕も実行しているからだ。

アイツがシコシコ禁止したところで僕には並ばない。

そんな事を思うとチンポコに手が伸びてしまってね・・。

僕は我慢ができなかったのだ。

シコシコ禁止キャンペーン、挫折してしまいました。

有限実行ができないクソ男です。

本当にすみませんでした。

2007年11月

Posted by nsnkouron