2007年11月19日 (月) 話すことを止めやすくなっている今だからこそ

2021年9月19日

梶原とは昔からの知り合いというわけでもない。

NSCの夏に知り合って二人でよく遊んで、夏の終わりにコンビを組んだ。

結成前の歴史はそれくらい。青春時代を共に過ごした相手でもないということだ。

コンビを組んだ次の月には忙しくなって結果を求められる毎日が始まった。

山あり谷ありの人生で自分のバランスが崩れないように保つのが精一杯、お互い相方に気をまわす余裕なんてなかった。そして話し合う時間もないまま東京へ来た。

今振り返れば他のコンビに比べて僕達キングコング・・というよりも梶原と僕は運命共同体を誓いながら会話の量が圧倒的に足りなかったように思う。

だから一度失敗したんだと思う。

今年に入って梶原とは2度呑みに行った。

19歳、NSCの頃に出会って今年が一番梶原と喋っている。

ここらへんでキチンと向き合った方がいいと思ったからだ。

キチンと会話して、キチンと喧嘩した方がいいと思ったからだ。僕らは特に。

味方が相方しかいなかった当時に比べ、今はたくさんのスタッフさんに囲まれ、コンビの間にもスタッフさんが入るようになり、二人で会話をしなくても進んでいける環境にどんどんなってきたなぁ、と思った。これがコンビの会話を無くす原因かなとも思う。

だからこそ今、恥ずかしいけど、意識的にお互いが離れないような努力をしなくちゃいけないんだと思う。

今日梶原と話して、毎週木曜日をネタ合わせの日とすることに決めた。

コンビで会話する日。これはきっときっと大切なこと。

10年後も20年後もこの日を大切にしていきたいと思う。

2007年11月

Posted by nsnkouron