2007年11月26日 (月) 「ありがとう」と思う

劇場でスピードワゴンの小沢さんと一緒になって本番前にペチャクチャと話した。

「小沢さん、どうっすか~?」という僕の無茶苦茶な話しかけ方にも答えてくれた。

真剣な話もしつつボケてくれたりするもんだから僕はもう嬉しくてしかたがない。

やっぱり僕は面白い人が好きだ、カッチョイイから好きだ。

僕が女なら楽勝で小沢さんに股を開いてあげるのに、と思う。好きにしてくれていい。

今度呑みに連れてってもらおう。そんでお笑いの事をいっぱい話そう。

そして僕達の漫才出番がまわってきて、一つ前のコンビがウケていたのでよけいに興奮した。

いつも僕は自分達の前のコンビがウケると股のあたりがザワザワとする。嬉しいのだ。

お客さんがそのコンビを認めた直後に出て行って、すぐにソレを塗り替えてやろうと思ってしまう。

そこに関しては少しばかりSなのかもしれない。

今日も漫才をとても気持ちよくできた。ありがたい。

漫才終りに梶原と軽くネタの微調整。ネタの微調整なんかはウケの感触がより明確に残っているうちにするのが一番良い。

だから出番前というよりも出番後にする事が僕達キングコングでは珍しくない。

それも終わって、今日は梶原と呑みに行った。

三宿にあるお店まではタクシー。

先に店に行ってようと思ったけど、別々に行くのも何だし一緒に行った。

タクシー内は何の会話もない。

店に着いて急に話し出すもんだからスイッチを入れたのがお互い如実にわかって、なんか恥ずかしかった。

漫才の事や、いいともの事や、単独ライブの事や、酔っ払ったのか結婚を勧めてこられたり・・とにかく思っている事を根掘り葉掘り話した。

昨夜、大喧嘩した相手とは思えない。

コンビというのは難しくて、

共通の目標に向かって走り出したハズなのに、ほったらかしておくとすぐに別々の場所に居る。そして相方の悪口なんかを簡単に酒の肴にして、とてもみっともない事になりがち。

いやもしかしたら、そうでない素晴らしいコンビもいるのかもしれないけど・・。

キングコングはそれほど器用なコンビではないから、やっぱりこまめに軌道修正をする必要があると思う。ときには本気で喧嘩したりして・・。

そして今日のように二人で酒を呑み交わすのは非常に尊いことなんだと僕は思う。

恥ずかしいけど、きっと何ヵ月後かに僕達はまた呑みに行っている。

そんな事をしている間はきっと大丈夫だと思うからだ。

さんざん話して0時前、なんとなくいいとものディレクターさんに電話したら飛んできてくれた。

家族もあるのに、こんな時間にだ。

「そう思うなら誘うなよ」てな話だけど、喋りたかったし・・・。ごめんなさい。

でも僕はすごく嬉しかったのだ。

どうやら僕達はいろんな人に支えられいる。そう思った。

なんか今日はいい日だった。

タイトルとURLをコピーしました