2007年11月27日 (火) 先輩

2021年9月19日

最近になって先輩方に呑みに誘われる機会が増えた。

このクソ生意気な後輩をよくぞ、とは思う。

そしてそういう先輩に限って面と向かってキチンと叱ってくれたりするもんだから僕は嬉しい。

「自分より弱い人に毒を吐いちゃダメだよ」と品川さん。

その通りだと思って僕は本当に反省したのだ。

また一つ勉強になった。

今朝、突然メールが鳴って

「昨日の漫才は凄かったね。でも次は負けないよー」とスピードワゴン小沢さん。

このメールを打つ為にわざわざ梶原に僕のアドレスを聞いたらしい。

こんなに堂々と殴り合いをしてくれると気持ちがいい。

そして夜には呑みに誘われて、さんざんお笑いの話をした。

「生涯、お笑いさえできれば孤独死でも辞さない覚悟ですよ」と僕が言うと、

「ダメだよ」と小沢さん。

その姿にお笑いに憧れるクソガキ共が夢を抱けないから、というのがその心。

ごもっとも

「面白ければ何でも手に入る」とプレゼンする事が僕達お笑い芸人の仕事だ。

僕はまた一つ勉強になった。

僕は先輩が好きだ。

僕の先輩は潔く生きているから好きだ。

だから余計に負けたくない、そう思わせてくれるところも好きだ。

小沢さんとは5時過ぎまで呑んだ。

「明日が早いのでジョギングする時間もないので走って帰ります」と僕が言うと、小沢さんはビックリした。

そして今時計の針は6時半を指している。

あと30分後には仕事に行かなければならない。

じゃあ、なぜこんなタイミングでブログを更新するのか?理由がある。

今日、聞いたのだけれどどうやら小沢さんは毎日このブログを見てくれているらしい。

だから、

「呑んだ後、僕は走って帰って、仕事までの1時間はブログを書いていましたよ」

と、僕は小沢さんに喧嘩を売っているのだ。

どうせ簡単に殴り返してきてくれる。

僕はそんな先輩が好きだ。

2007年11月

Posted by nsnkouron