2007年12月 9日 (日) いつまでも続いて欲しいと願う

はねトびの収録の合間。

板倉さんが撮ったショートムービー「老人と木」を僕のパソコンで観る。

「板さんの映画が始まるよ~」と言えば、ニヤニヤしながら皆が集まってくる。

2畳のスペースに芸人8人、それは力道山が活躍したTVに群がる昭和な風景。

山本博の立ち位置が悪いせいで後ろの人は画面がよく観えない。こっぴどく叱られた博、凄い視聴率。

やっぱり友達の作品は皆気になるよう。上映後、得意気な表情を見せる板さんに皆で感想を言い合う。

その最中、糞ブタ野郎塚地が僕のパソコンを誤って踏んでしまい液晶画面が割れた。僕がブーブー言って、皆がケラケラ笑う。

今日は朝から晩まで終始シチュエーション大喜利の収録。

綺麗にウケたら拍手が起こって、スベッたらスベッたでソレをバカにしたミニコントが間もなく始まる。

刺激しあったり、人の不幸を全力で笑い飛ばしたり、すぐにミニコントを始めたり・・・そこに芸人がいてくれるこういった風景が僕は好きみたいだ。幸せだと思えるもの。

ずっとこんな事を続けたい。

そして僕もやっぱりメンバーを刺激したいと思う。

外に向かって殴り合っている姿をできる限りメンバーに見せたいと思うのだ。

その姿が今は漫才だったりする。

2007年12月

Posted by nsnkouron