2007年12月21日 (金) ラストスパート

朝10kmのジョギングをして、10時から『笑っていいとも特大号』のVTR撮り。

尾崎豊を熱唱した末、笑われる。自分的にはかなり上手に歌えたハズなんだが・・。

そして『笑っていいとも』本番。もう楽しくてしかたがない。何の勝算もないところに飛び込んでいくのが面白い。「先輩方がなんとかしてくれる」という甘ったれ精神が完全に根を張っている。いつもすみません。

いいとも終わりで急いでルミネTHEよしもとへ。漫才出番。

ここ数ヶ月、微調整を繰り返した漫才はとても良い状態にもっていけている。

ようやく好きなネタができた感じだ。「ネタを作るのは時間がかかる」とあらためて思う。

大声で漫才をした後、飛び出しで取材へ。

志田未来ちゃんと対談。

いやらしさの欠片もない本当に純粋な女の子。「お笑いが好き」だと言ってくれた。

そして意外とよく喋る。もしバラエティーで一緒になる事があればそういった面を引き出してあげたい。

楽しい対談が終わり、再びルミネTHEよしもとへ。

梶原とネタ合わせをして舞台に臨む。梶原のアドリブがたくさん入るのは調子の良さ、今回みたいな漫才が理想だと思える出来。ニヤニヤしながら舞台を降りる。

2回目の漫才出番終わり、少し時間が空いたので何をするか考える。

「バタバタ忙しい今日みたいな日は、きっと普通の人なら仮眠をとるんじゃないか」と思った僕は迷わずスポーツジムへ。本日2度目の10kmジョギング。

「何をしてるんだ、俺」こういうのが楽しい。

汗を流した後、ルミネTHEよしもとへ。

本日3度目の漫才。元マネージャーの鈴木さんが観に来てくれた。

トップ出番だったので、漫才の途中に席に着くお客さんが目立った。

昔はそういうのもイジッて笑っていたけど、なんだか今日は少し腹が立った。

遅れちゃったのは事情もあるだろうし、しかたがない事なんだけど、

とりあえずネタが終わるまでは後ろで観ていてくれないかと思う。

次のコンビとの転換の間に席に着く、それがマナーというか・・。

とにかく、時間通りに来ているお客さんが不快な思いをするのは違うと思うんだ。

でも遅れちゃったお客さんには何の罪もない。初めて劇場に来るならそんなルールも知らないし、それはお客さんを席に誘導するスタッフ側の問題。

アルバイトさんであろうと、もっともっと舞台の事を考えて欲しい。

偉そうにスミマセン。本当にスミマセン。

3回目の漫才が終わって、飛び出しでフジテレビへ。特番収録。

タレントさんが200人くらいいた。

収録の途中から参加したカタチとなり、いきなりステージに上げられる。

爆笑問題VSキングコングでカードを使った心理戦。

こういうのはお得意。

僕と大田さんでやり合う、お互いの出したカードが何か読みあう。

盛り上がって、それだけで40分。結果は言えないけど、かなり楽しかった。

まわりにいたタレントさん達も喜んでくれて嬉しかった。

そして本当に申し訳ないんだけど、収録の途中で抜けることに。

もう一つの収録が後に控えていたからだ。

急いで車で移動して天王洲スタジオへ。

毎年恒例、『キンコンヒルズ』と同じ枠の他の曜日のメンバーが勢揃いの正月特番。

メンバーは雨上がり決死隊さん、ロンドンブーツ1号2号さん、ガレッジセールさん、タカアンドトシさん、そしてキングコングの五組。皆で賞金を狙って真剣にスポーツをした。すごいプレッシャーの中泣き出す人もいたり、自分を守る為にボケとかじゃなく真剣に仲間を裏切る人が出てきたり、ロケ車でワイワイ騒いで、とにかく腹の底から笑った。

そして司会の大橋アナが今日も優しくて可愛かった。遅くまで芸人のノリに合わせていただいてありがたい。頭が上がらないよ、まったく。

全て終わったのが30時半。

体力的には平気なんだけど、やはり喉が辛い。

「たん」に血が混ざっていたので、きっと喉の奥を切ってしまったんだと思う。

頼むから明日も声が出て欲しい。願うばかり。

今日は漫才だとか脚本だとか絵本だとか、何もモノ作りができなかった。

それは少し不服だけど、たまには今日みたいな日があってもいいのかと思う。

そもそも僕はプレイヤーだしね。

年内の大仕事が少しづつ済んで、もうすぐ2007年が終わろうとしています。

あと少し。

全力で突っ走ってやろうと思います。

2007年12月

Posted by nsnkouron