2007年12月25日 (火) 今日も五反田の部屋で

今日は絵本の打ち合わせ。

担当者さんを挟んでデザイナーさんと、本のデザインについて。

表紙はどうするか?紙質はどうするか?文字は何色にするか?

いくつかパターンを出していただいて、デザイナーさんのイメージを聞きつつ、僕もイッチョ前に意見なんかを言ってみた。

僕はハリーポッターの学校の本棚に並んでいる、そんな本がいい。

ホコリをかぶっていて、最近の本のような光沢がなく、むしろ少しカビ臭い感じ。

表紙には何の情報も載っていなくて、ページを開くのがドキドキするような本。

まったくもって漠然としてるんだけど、そんなイメージを伝えた。

結構先になってしまうけど、これがいつか必ず形になるわけだ。考えるだけで股間がソワソワする。

帰り道に梶原に電話をした。KINGKONGLIVEの事。

来年はモノ作りにもう少し時間を割きたい。

TVの露出も少し考えないといけないと思う。

全ては確かなモノを作る為。残るモノを作る為だ。

今日も漫才を書いて、絵本を描きました。

それは華やかさの欠片もない、完成させるまで何の評価もうけない、地味な作業。

でも絶対に完成させて、

日本中をひっくり返してやろうと思っています。

タイトルとURLをコピーしました