2007年12月26日 (水) お笑いに生きてお笑いに死ぬよ

今思うと、去年やら一昨年やらの「M-1に出なかった」という行為はお笑いに対する裏切りだと思うんだ。それは認めたくないけど、事実そうだと思うんだ。

一生懸命ネタを作った時に必ずその代償をくれるお笑いを、僕は裏切ったのだ。

それでもお笑いは心が大きくて、そうして一度裏切った僕を再び包んでくれた。

それを強く思ったのが今回のM-1。

全力でぶつかっていって、ガチコンッと負けて、そりゃ悔しい思いもあるし、仲間や応援してくれた先輩に申し訳ないという気持ちもあるし、ファンの方に恥ずかしい思いをさせてしまったというのもある。

スタッフさんと乗ったタクシー内に流れていたラジオで、プロの書評家の吉田豪さんという方が「キングコングの優勝は100%ない。あんな女ったらしのいけすかない奴ら」と、理由がよくわからない予想をされていたのを偶然聞いて、「吉田豪の目ん玉はアホだ」という事を証明したかったんだけど、結果負けちゃって吉田豪さんの言うとおりになっちゃった。

それでもお逢いする機会があれば蹴飛ばしたいな。歳がかなり上だから怒られるだろうけど。

それは本当に悔しいけどね、でも僕は今「気持ちが良かった」と思えているよ。

次の日、「サンドウィッチマンさんはドーピングをしてた」と言ったら皆笑ってくれた。

差し入れでスタッフさんが天然でサンドイッチをくれて、「食えるか!」とツッコんだ時も皆が笑ってくれた。

お笑いと真摯に向き合った時にはいつもそこに笑い声があって、そんで僕を救ってくれるんだ。今回もそうして僕を救ってくれたから「気持ちが良かった」と思える。

お笑いが自分から離れた時は自分がお笑いを離した時。

お笑いの方から裏切る事はないんだ。

だから僕はお笑いがとても好きだ。とても信じている。

もう裏切っちゃいけない。1秒たりとも。

だから僕はこの生涯、お笑いに生きてお笑いに死んでやろうと思う。

そして言っておきたい事があって、

寒空の大井競馬場でマフラーを巻きながら最後まで芸人さんを応援して、最後までお笑いを見届けてくれたお客さん。

皆さんが今回みたくお笑いの事をこの先もずっと好きでいてくれるなら、僕は勝手ながらすごく嬉しいよ。ありがとう。

そんな皆さんのところに、確かなお笑いを届けられるような芸人になります。

よし、やるぞ。

2007年12月

Posted by nsnkouron