2007年12月31日 (月) そんな僕の2007

2007年もあっという間に終わりました。

成功もあって失敗もあった。

大事なのは過程ではなく結果だと思う。僕はプロだから結果が一番大事だと言うよ。

でも青クサイ事を言えば、全力でぶつかっていく姿を見せる事でどこかの誰かの胸が打てるなら、それもまた嬉しい。

そんな事を思ったから、とりあえず今年は攻めてみた。

2007年、僕は誰かの胸を打っただろうか?

2007年の日本は謝罪会見が目立った。

偽装問題の謝罪ならともかく、反則行為を何故か国民に謝罪しなければいけない始末だ。「まぁ、許してやろうよ」なんて言う、とても間違った国民もいた。

人の謝罪する様に快楽を求めているのではと、僕はゾッとしたんだ。

「切腹コール」を肯定した時代。どうかしていた。

小学校の頃、くだらない連中がクラスのイジメられっ子に「死ね、死ね」と遊び半分でコールをしていた。言ってる方は「本当に死ね」と思って言ってないんだけど、言われてる方は本当に辛かっただろうと思う。「死にたい」と思ったかもしれない。

あの時はそんな事を思い出した。

絶対に繰り返しちゃいけない。

その思いを当時そのままブログに書いた。

だからその時はブログという存在に感謝したんだ。キチンとそういう事が言える場があって。まさか『はねるのトびら』で言えないしね。

今日はなんだか長くなりそうだ。

僕はね、

このブログがあって良かったと今年強く思ったんだ。

本当にいろんな事が勉強になった。

「努力をしている」と言えることがまず有難い。

そんな事を言うと、笑いがどんどん離れていくのだもの。普通なら言うもんじゃない。

「ハードルが上がる」というやつだ。

「努力は影でするもの、ひけらかすもんじゃない」と昔、親によく言われた。

学生時代の僕なんかがそうだったし、「勉強してない」とテスト前に言っていたよ。

でもいつからか「それは逃げ口実にもとれるなぁ」と思うようになって、それからはブログでさんざん努力を言った。ハードルを上げるだけ上げようと思ったわけです。

そのうえでソレを飛び越えたらスゴイぞ、と。

「ストレート投げますよ」と言ってからストレートを投げて三振を奪うような、そんな感じ。

まぁ人それぞれやり方はあって、僕にはその方が向いているような気がしたんだ。

だから来年もこのやり方。

そして今年は先輩に何度も何度も救われた。

絵本制作ではずっとタモリさんがいてくれて、佐田さんがマメに褒めてくれた。

M-1の時が一番救われたかもしれない。

呑みに連れていってくれた小沢さんは、このクソ生意気な後輩の話をニコニコ聞いてくれたんだ。僕は先輩と漫才の話をできるのが嬉しくて嬉しくて甘えてしまった。

そして一緒に競争ができて、本当に刺激をもらった。ずっとこの関係でありたい。

決勝進出が決まった時にゴリさんから電話があって、大声で「おめでとー!フレーフレー!にーしーの!」と夜中の1時だ。きっと電話を切ってから奥さんに怒られたに違いない。

そんでもって決勝で負けちゃってリハーサル室で一人、僕はなんでかわからないけど家族でもなく一番に品川さんに電話して、「悔しいです」とワンワン泣いた。

僕は何も喋れなくて、ただ泣いて、その泣き声を聞いてくれた品川さんが後日、「悔しいですって言ってたけど、あれザブングルのやから」と笑わせてくれた。

肩を落している僕に松本さんがニコニコ笑って「面白かったよ~」と言ってくれたんだ。その一言でどれだけ救われた事か。また『すべらない話』で会いたい。

その夜は本当にたくさんの先輩方から電話をもらって、そしてたくさんバカにされて本当に救われた。

お笑いがもっともっと好きになった夜だった。

視聴率なんて今までまったく気にしなかったけど、今年は『はねるのトびら』の数字が耳に入ってきて、とても緊張感が生まれたんだ。

もう後は「現状維持」と「落ちる」の2つしかないという緊張感。

それがよけいに「攻めよう」と思ったキッカケ。

TVは本当に恐い。使い捨てられないような露出度を考えるようになった。

そして同時に舞台のありがたさも知ったよ。

漫才と独演会。

漫才はM-1が終わってから新ネタを4本書いたから、早くぶつけたい。

このTVと舞台、この2つとは来年も上手に付き合っていきたい。

ダラダラ書いていたら、いい時間になってしまったよ。

来年もバカな事をして騒がせて何かドキドキさせたいと思う。

まぁ、漠然としているけど、そんな事を約束して今年最後の筆を置きます。

よい年を迎えて下さい。

そして今日は少し冷えるので、あったかい格好でいて下さい。

今年一年、どうもありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました