2008年1月 2日 (水) 今日が思いついた日

漫才を一本書いて、絵本を描いてみたが進みが遅くてイライラしているあいかわらずな一日。

お正月という感覚がまったくない。

ただいま第3部の6ページ目。

森を描くのは本当に時間がかかる。きっと直線がひとつもないからだ。

1ページを描くのに60時間以上要する始末。まいった、まいった。

そんな自分に朗報。

第4部のステージのイメージができあがった。

第1部は展望台の中、第2部は木だけで出来た星の街、第3部は森、そして第4部。

第4部は海の星。

地がなくて、その星全体が海。その海はとても綺麗で、その海の中には星がたくさん。

遠くの方だと星空と海の区別がつかない。

海と間違えてクラゲはプカプカ星空を飛んで、クジラが海から顔を出すと星の波が起こる。

その中に船乗り場のような家がポツンと一つ。

その家に今回の絵本の主人公が住んでいる。

考えてみると第4部で主人公が初登場、変な絵本だ。

はやく第4部を描きたい。

どれだけ急いでも第3部が仕上がるのは夏前か。

しかし第3部さえ終わらせてしまえば、この第4部のイメージだと1ページ描くのにそれほど時間がかからないように思う。まぁ、描いてみないとわからないが。

こんな事を書かれたところで、この文章を読んだ皆さんは一体何を思えばいいのか。

非常に勝手な文章ではありますが、いつか僕の本が出来上がった時に今日のこの文章を読み返していただくと幸いです。

第4部のイメージは今日思いついたんだと。

ひきつづき作業に戻ります。

2008年1月

Posted by nsnkouron