2008年1月 6日 (日) DVDの事を考えていたら、こんな答えが出た

2021年9月7日

こんな事を以前も書いたかもしれないけど、「趣味は?」と聞かれてもコレといった答えもないが、給料の使い道をお酒以外で考えた時にそのほとんどがお笑いDVD購入費だ。

12月も何本か買った。

昭和のいるこいる『へーへーホーホー40年!』、爆笑問題『2006上半期漫才』、『松尾スズキの頭ン中』、『R65』、バナナマン『Spicy Flower』、タイムマシーン3号『青春18キック』、ラバーガール『フラッシュバック・スピノーネイタリアーノ』、ななめ45°『TRIO DE CARNIVAL』、他事務所から出たDVDは以上。

さらに吉本興業から出た『ひーはー』やらの新作お笑いDVDを12月も横流ししてもらったので、毎度のペースで月に10本近く増えていく計算だ。

西野家には100本以上のお笑いDVDがあるから、そこいらのレンタルショップに品揃えは負けていないと思う。

そう、気づけば僕はお笑いDVD収集家となっていたわけだ。

今欲しいのはこのお笑いDVDを綺麗に並べられる棚。ちゃんと眺められる感じの。

コタツにミカンと今日の気分で、どのDVDを観るか決めるセレブな生活がしたい。

そんなお笑いDVD収集家も、やはりいずれは自分のDVDも出したいと思うのである。

絵本制作が終われば、まずはそっちの方にシフトチェンジするような気がする。

どんなDVDを出そうか?

そりゃキングコングのライブDVDはもちろんのこと、『日の出アパートの青春』のような一本のお話のDVDや独演会のDVDも楽しそう・・。

畜生、やりたい事がありすぎるぞ。

やりたい事がありすぎる・・?

明るい未来じゃないか。

やりたい事がありすぎるのか。

どうやら未来は明るいぞ。

DVDの事を考えていたら、まさかそんな答えが出ました。

2008年1月

Posted by nsnkouron