2008年1月18日 (金) 僕はアイツの夢

先日、

梶原と、そこにチーフマネージャーと織田君こと妖怪ちんぷんかんぷんも参加して4人で酒を呑んだ。

僕が今考えている事を話そうと今回この会合を設けてもらった。

僕の提案は苦戦するかと思われたのだが意外と話はすんなりと通り、後は妖怪ちんぷんかんぷんをイジる場となってしまった。

そこでの話はまだここでは具体的には言えないけど、とにかく今の仕事内容をもっとお笑いだけに寄せていきたいという内容だ。そりゃそれなりのリスクは承知で、でも僕は「何か違うなぁ」と思いながらというのも何か違う気がするんだ。

僕には仕事量をステータスのように感じていた時期があった。

でもきっと子供の頃の僕がその僕を見た時にガッカリすると思うんだ。「もっとお笑いやってよ」とアイツは言うんじゃないかな、と思って。

今日のルミネでの漫才も気持ちが良かった。

そして家に帰って録画しておいた『はねるのトびら』を観た。

そこには全身タイツを着てギャーギャー言っている僕やM-1で負けた事を愚痴っている僕がいて・・僕はソレをボーッと観て今日のルミネの漫才の事も考えて、たぶんアイツはその僕を認めてくれるような、そんな気が少しした。

そうでありたいと今日もやっぱり思った。

僕はもっとお笑い密度を濃くするんだ。

きっとそれを求めている。

だから僕は春に新しい動きをする事を決めた。

2008年1月

Posted by nsnkouron