2008年1月19日 (土) お笑いに女性器がくっついていれば確実にヤリチンになっているぜ

今日、『日の出アパートの青春』を観に行った。

ずっとずっと楽しみにしていて、本番前なんかはチンコの所がソワソワしてくすぐったくてたまらなかった。入り口でパンフレットをもらって、僕はお客さんになった。

まだ公演中なので内容の方は控えさせてもらうけど、このお芝居、一言でも聞き逃すと話について行けなくなるし、そういう面では難しい話だと思うんだ。

それでもお客さんが笑っていたのは、役者さんの演技と鈴木さんの演出がなせる業、それは本当に素晴らしくて、この脚本はとても幸せだと思った。

今回のこの舞台に少しでも携われた事を誇りに思うよ。

舞台終わりは軽く呑みに行って、そこで今回の舞台に出演されているカリカさんのオールナイトトークライブが今からあるとの情報を聞きつけ観に行ったら、お二人にステージから呼ばれてお喋りする事に。

オッパイの話と今回の舞台の話。

オッパイに関しては思うところがあって、僕はその思いをぶつけたんだ。

そして舞台の話にもなって、ライブの休憩時間でもその話になって、脚本の事を褒めてもらって、もう嬉しくて、僕にこれ以上何が要りましょうか?何も要らないよ。

しいて言うならば劇場に住みたい。

こんな夜はメガネがよく似合うお姉さんに甘えて、それこそオッパイに顔を埋めて「ワーッ」と言いたい。きっと気持ちいいと思う。

脚本。

僕は楽しい遊びをまた一つ見つけた。

僕と舞台を結んでくれた全ての人に感謝します。

そしてそれを形にしてくれた人と、その形を観に来てくれた人に感謝します。

僕はキングコングはキングコングでやります。TVはTVでやります。

そしてそこで表現できない事を今回のような舞台に求めます。

だから先に挙げたものとは必然的にまったく異質のモノとなり、そこを混同させるつもりもないので、舞台に来ないと知りえない僕の姿を提供しようと思うのです。

千秋楽にもう一度観に行こうかと思います。

そして打ち上げに参加して、隅っこでニヤニヤしていようと思います。

その光景を考えるだけで嬉しくなって、ふと我に返った時に、

僕はお笑いが好きだと思うのです。

2008年1月

Posted by nsnkouron