2008年1月26日 (土) 僕の好きな映画NO.1は『ゴジラ』さ

2021年9月27日

ハリウッド版も迫力があっていいんだけど、アイツはすばしっこくてミサイルとかもよけてしまう、どちらかというと巨大ティラノサウルス。

ゴジラはミサイルをよけてはいけない、効かないからだ。

ゴジラはいつだって横綱相撲の美学。それでいえば僕は日本版のゴジラが好き。

日本版のゴジラ映画が全ての映画の中で一番好き。

フランス映画のような小難しいものより、ドカーンバカーンを映画というものに求めてしまうのもあって、「巨大怪獣が暴れる」なんて、どストライクだ。

ゴジラ登場前はいつもワクワクするよ。

僕が『ゴジラ』を好きなのにはもう一つ理由がある。

小学校低学年の頃、

下校の時に校門を出た所に「チンチン見せてくれたら、映画のチケットあげるで」と行ってくる少し様子のおかしいオッサンがいて、僕は面白そうだからオッサンと対面した時にイエスを出したんだ。

とりあえず友達を待たせて、僕は近くの裏山の繁みに連れていかれて、チンチンを出したんだ。別に恥ずかしくもないし、「オッサンはなんでこんなもの見たいんやろか?」そればかり思っていたよ。

オッサンが長い時間、僕のチンチンを見るもんだから、僕は我慢できなくなってきて、

「まだ~?」

と言ったら、

「まだや」

と返されて、しばらく眺められた。

その時の時間がどれくらいだったか今はもう覚えてないけど、とにもかくにもオッサンは本当に映画のチケットを3枚くれたんだ。

その時の映画が『ゴジラ』、僕は嬉しくて友達と3人で映画館まで自転車を飛ばしたんだ。

本編が始まってゴジラが暴れている時に僕は、「あの時のオッサンはなんでチンチンが見たかったんやろう?」そんな事を思ってしまい、それからゴジラ映画といえば、その時のチンチン事件を思い出すようになった。

なぜゴジラが好きなのか?

僕個人としては「チンチンを見せる」という子供ながら一応の仕事のギャラが『ゴジラ』のチケットであり、他の人より思い入れも深いものがあって、

『ゴジラ』というフレーズを聞いただけで、僕はあの日の事を思い出してしまい、

それがなんだか無垢な頃の自分だったりもするから、「思い出すのも悪くないな」そんな事を思ってしまう。

僕にとってはいい思い出なのだ。

おかしな理由も混じっているけど、僕は『ゴジラ』が大好きなのです。

2008年1月

Posted by nsnkouron