2008年2月 6日 (水) 攻めやすい環境

2021年10月3日

帰る場所があるうちに勝負をしておくべきなんだと最近は強く思う。負けても負けた事をキチンとイジれる場所があることは本当に恵まれている。帰る場所はいつ無くなるかわからない。無くなってしまったその時は勝負が全てで、勝負にかかってくる比重が増えるわけだ。これは「現状に甘んじない」というカッチョイイ事ではなく、「帰る場所がある」という現状は実はとても勝負しやすい環境なんだという事。

「なんでM-1に出たの?」とよく言われる。『すべらない話』の時もよく言われた。そりゃ「ここでも勝負したるぞ」というプライドもある、見返したい気持ちもある。そんな時によくひきあいに出されたのが「リスク」という言葉。最初は僕も思った、「負けたら痛いぞ」と。でもね、実は負けても痛くない・・いや痛いけど、それほど痛くない。それは今が負けても痛くない期間だからだ。負けたら負けたことをネタにしてしまえる環境があるわけで、僕はソレを思ったのです。

そしてそこまで思っておいて、勝負しない奴はただのウンコです。

今攻めないでどうするよ?といったところです。

春からどんどん仕掛けていこうと思いますよ。あしからず。

2008年2月

Posted by nsnkouron