2008年2月 9日 (土) 素晴らしい人生

『はねるのトびら』のロケ。虻ちゃんのバレンタインデー企画。ここで話すのはまた放送が終わってからにするけど、腹がちぎれるほど笑って、「お笑い」の事をまた考えさせられた内容となった。深夜にロケが終わり、板さんと二人で呑みに行く。

お互い制作中のものがあって、その話を肴に酒を呑む。ゴリさんにしても、中田にしても、何かモノを作っている人とのこういった酒の呑み方が僕は好きだ。板さんのアイデアは本当に見事で、ぜひ形にしてもらいたい。焦らずに納得のいく形に。

さぁ、負けられないぞ。

朝、起きて、今日は『はねるのトびら』の収録が休み。こんな日を利用しない手はない。神保町本社へと車を飛ばし、DVDのパッケージ撮影。皆さんの協力の元、満足のいく写真が撮れた。

撮影後は本社会議室で絵本制作。5時間ぶっ通しで描いてみたが進まない。慣れてるけどさ。

ペンを走らせていると、スタッフさんがDVDを持ってきた。『日の出アパートの青春』の舞台映像。仮の編集が終わったものを渡され、「チェックお願いします」とのこと。とうとうきた。早く観たい。仕上がりに向け着々と進んでいるのを確認できて、絵本もこうであれば、と思う男である。

そんで今、ブログを更新しております。早いもので夕方です。

僕は最近思う。それはとても単純は事なんだけど、「もっと好きな事を、したい事をしてもいいんじゃないか」という事。いつの間にか僕の中でTVが絶対的なものになってしまっていて、それが自分のステータスにすり替わっていて・・それが少し違うような気がしてきたわけです。

好きな事をしたくて、好きな事ができると思って、この世界に入ったんだもの。

だったら好きな事をしないと。好きな事ばかりできるように汗を流さないと。

TVはとても好きだけど、TVだけでスケジュールが埋まってしまうのは僕の場合は嫌だ。

モノを作るのです。だって、今朝のDVDのパッケージ撮影・・メッチャ楽しかったもん。

僕はモノを作るのが好きなので、モノを作るのです。モノを作る人生にしてしまうのです。

今はそんな事を想う。

2008年2月

Posted by nsnkouron