2008年2月27日 (水) 喋るだけ喋って酒呑んでブッ倒れて幸せ

2021年10月11日

自分の仕事は、そりゃ自分の成長を願うものでもありますので、やはり多少なりともそこに枷がかかっているものでありたいと思うわけです。独演会なんかはまさにソレで、独りで全ての責任を取るという事の重圧ときたら、まぁなかなかなもんなわけです。自分のやっている番組収録もスタジオに入った時にピリリッと背筋が伸びるわけで、そこには「せっかく来てくれたゲストを殺すわけにはいかない」とか「今からの収録を何千万人が観るのだ」そんな思いが乗っかってくるわけです。僕の仕事はコンビのラジオを除けば、本番前に少し思う事があるものが多いです。

2年くらい前にこのブログでも書いた事を記憶していますが・・・僕は前々から、そんな仕事内容の中、仲のいい芸人達と何も考えずフラッと舞台に出て行くライブをしたいと考えていました。自分の成長に繋がるとも言えない内容のライブです。吉本の偉いさんが観たら怒るんじゃないか、そんな内容のライブです。

『ろくでもない夜』がそれです。

夜な夜な芸人が集まって、ひたすら喋るだけのライブです。企画なんかも用意されているのですが、僕には聞かされていないので、フラッと舞台に出て行くというよりも厳密に言えば気持ちの準備のしようがないというのが本音です。本番前に芸人達と楽屋でひたすら喋って、そのまま舞台に出て行ってひたすら喋ります。そしてそのまま朝まで喋ります。「趣味がない」と以前書きましたが、もしかしたらコレが僕の趣味かもしれません。皆がゴルフやダーツをやっているのと似たような感覚なので、考えてみれば内容を偉いさんに怒られる筋合いもありません。お客さんの首根っこ捕まえて無理矢理に観させているわけではありませんので。それを良しとしてくれる人達だけで朝まで過ごし、朝まで酒を呑み交わします。新宿ロフトプラスワンで行われた先輩のトークライブを観て、僕はこの小屋でライブをすると決めたので、3月24日のろくでもない夜にこの小屋でどうしようもない連中とどうしようもないお喋りをしようと思います。

僕が精子をぶっかけた先輩、アッハー小泉さんも出演されるみたいです。

2008年2月

Posted by nsnkouron