2008年3月 2日 (日) ゴアコピュリア

2021年10月11日

『日の出アパートの青春』のDVD化に向けて、特典映像やらパッケージデザインなどをチェックする日が続く中で、その作業の楽しさの中からやはり思ってしまう「もう僕は好きな事しかない」という思いは、以前にも増して迷いはなくなり確固たるものになってきているのです。「自分の好きな事を一生懸命やる」というとても単純な生き方をしてやろうというところです。

『はねるのトびら』が春から8年目を迎えるらしく月日が経つ早さに驚かされておるわけなんですが、公園をジョギングしているとガキ共に「ヘイッ!大将」と『はねるのトびら』内での呼ばれ方をされるわけで、ガキ相手にお笑いができていることを誇らしく思えて「やっぱりガキを笑わせないとお笑いじゃないよなぁ」なんて事を思うこの頃です。

最近はそんないろいろな考えがだんだんとまとまってきたように思うのです。それも単純に。今の僕に迷いはありません。ガキ相手にお笑いをして、それを玄人がピーピー言うのならば、そこいらの戦場に出ていっていくらでもドンパチしてやるぞ、と。

秋山竜次監督作品「聖島の森ゴアコピュリア」の爆発的な面白さたるや、こういう事で飯を食っていきたいと改めて思ったのです。

今日は遊び心がない奴にムカついた日でもありました。

2008年3月

Posted by nsnkouron