2008年3月 3日 (月) 皆で酒を呑みましょう

僕の仕事はキングコングであることと西野亮廣であること、この2つくらいでたかが知れているけど、このキングコングや西野亮廣やらを元に仕事をしている人達もいるわけだから、中途半端なことはできないぞという危機感はある。いつの間にか共有物になっていて、もうキングコングも西野亮廣も僕だけのモノではなくなってきているんだなぁと最近は思います。そして僕はキングコングというモノをとてもポップな存在に、西野亮廣というモノをとてもバカな存在にする努力はした上で、結局はこれらを皆に使ってもらうわけだから、上手な使い手を求めてしまう、やはり人間だからそれくらいの贅沢心が生まれてしまうわけです。

わかりやすく言えば、コンビでも個人でも何か事を起こす時に、ネタは僕が作るからそれ以外の部分、ポスターデザインはこの人、音楽はこの人、出版の際はこの人・・そんなふうに分かりやすくお願いできる人達を僕は求めているのです。そして最近になって少しづつ集まってきた本当に優秀なスタッフさん達、とても心強く思います。そういう人達が集まってくれると僕は余計にキングコングや西野亮廣に集中できるのです。助かってます。リアルな話を言えば今は音楽に強い人を探しています。例えば舞台作品をDVDにする際に劇中で流す音楽には著作権が発生してしまうので、オリジナルで作ってしまった方が都合が良いのです。なによりそのイメージに合わせたモノを作れるわけだし。まだ見ぬ音楽戦士を心待ちにしております。

僕はチームで動きたいと思います。その方が効率が良く、専門職の集まりという事でクオリティも高くなるし、一番の理由は仕事を成し遂げた時の酒は大勢で呑んだ方が楽しいからです。

2008年3月

Posted by nsnkouron