2008年3月22日 (土) もしもあなたが不満なら

「前売り2000円は安いんじゃないか?」てな事をよく言われるけど、とんでもない。それにはキチンとした理由があって、つまりはライブ時間が1時間しかないという事。

そして今日、糞ハゲ作家と話していて、とにかく僕はオープニングVTRだとか、ネタ合間のブリッジVTRだとか、そしてゴマカシのネタだとか、そんなものが上達してもしかたがないという考えがありまして、そこに時間を費やすのなら漫才の精度を上げる事に尽力した方が前向きな気がして、だったらいっその事そういった贅肉を切り落そうと思った時に、現段階で4分の漫才が6本、つまり約24分の単独ライブになってしまいそううという事を糞ハゲ作家に伝えましたところ、「興行として成立するかドアホ!殺すぞ」と、みっちり怒られたのです。今回のKING KONG LIVEの落ち度です。

ただ言わせて欲しいのは、ファンの方を喜ばすようなモノは作りやすいと思うのです。僕達の事が好きなんだから、プライベートを匂わすようなモノを提供すればいい。そんな事はデビュー間もなくやってきました。だけど僕の求めているモノはそんなんじゃなくて、「キングコングが嫌い」という人をいかに振り向かせるか、というところ。突き詰めると、それがM-1グランプリだったりするんだけど、とにかくキングコングが好きでチャンネルを合わせているわけではない人の胸を打ちたいのです。

だから今回のライブも何ヶ月も前から準備しておりまして、この6本でいこうかと。今回のライブの主旨は無駄にネタ数を増やしたいワケではないのです。ファンサービスでもないのです。今現在、存在するキングコングのネタを育てていくというところにあるのです。そこのみに集中して今回のライブに臨もうと、僕はそのように思うのです。

とは言え、まぁナンダカンダで1時間にはなるとは思いますが、もしライブに来られたお客様の中に、ライブ終了後にモノ足りない気持ちを持たれた方がおられましたら、僕の楽屋に来て全力で否定して下さい。話を最後まで聞いて、僕は僕の財布からあなたにチケット代を返そうと思います。パフォーマンスではなく本当に返します。

それくらい、この短い時間に賭けているということですわ。

2008年3月

Posted by nsnkouron