2008年4月 1日 (火) エイプリルフールに想う

2021年10月23日


 

今日は嘘をついてもいい日。だけど一応エイプリルフールのルールとしては午前中がその対象らしい。何故「午前中のみ」なのか、そしてそもそものエイプリルフールの起源なんかもまったく不明なのだが、とにかく子供の頃「今日はどんな嘘をつこうか?」ワクワクしながら家を出た覚えがあるので、この習慣を作り出してくれた方には感謝なわけです。

皆さんは今までどういった嘘をついて、どういった嘘をつかれたのでしょうか?

高校時代。梶原に「松金先生が西野のことを何か怒ってたで。職員室来いってさ」とエイプリルフールど真ん中に僕はこんな直球を投げられ、だけど「今日、エイプリルフールやから俺を騙してんねやろ?」と言ってしまうのも、そんな冷たい事はできないし・・・結局、梶原の為に騙されたフリをして職員室に向かい、松金先生へ「先生、何ですか?」というハメに。すかさず、「ウソ~」と職員室に入ってくる梶原。乗っかってやったのにいつまでもしつこく「ウソ~」と叫ぶ梶原のその様があまりにもムカついた僕は「わかってたわ、アホ」と、つい言ってしまう。「ウソつけ、わかってたら先に言ったら良かったやんけ!」「先に言ったらウソついたお前が虚しくなるやろうから言わんかったんじゃ!」「ウソつけ、わかってなかったクセに~」「お前しつこいぞ、わかってたわ!」・・・そして取っ組み合いの喧嘩が始まるという最低の結末。

嘘をつかれた人のルールとして・・気づいてしまったのなら最後まで騙されてアホなフリを演じてやらないといけない。相手への思いやりの気持ちが大事だということです。嘘ついた方がそれで満足して幸せになってくれるのならば、それは素晴らしいことだと思うのです。そして、すでにそれ思って行動している人も世の中にはたくさんいることだと思います。そう思うと、相手にそうやって気を使わせてしまっているのはあまり好ましくありません。

では嘘をやめますか?いいや。その人の事を思うのならもっと真剣に嘘をつくのです。気づかれないくらいの。

僕は嘘をつくのが大好きです。嘘には夢があっていいです。

2008年4月

Posted by nsnkouron