2008年4月 3日 (木) あなたと話したい

2021年10月23日


 

昔はお客さんの意見にも聞く耳持ちませんでした。今と変わらず当時も「ファンです」「頑張ってください」の声は嬉しくありがたかったのですが、ことライブの内容に関しては、もう笑い声が全ての結果だし、それならこちらからでも確認できていたことだし、だからアンケートなんかもとらなかった。それは行き着くところ結局最後は自分で作っていかなきゃいけないものだと思っていたから。まぁ、それは今でも少しあるのだけど・・・。それでも昔とあきらかに違うのは「ライブ終わりにお客さんと喋りたい」と思っている自分がいるということ。

前回の『ろくでもない夜』終わり、ロフトプラスワンの客席で後輩達と打ち上げをしていたら、途中ゲストで出てくれた堤下(先輩)から、「近くで呑んでるから来てよ」とメールがあって、さんざん盛り上げてもらったもんだから、「そりゃ断るわけにはいかないぜ」と、喜んで馳せ参じたならば、そこに居合わせたのは堤下(先輩)のお友達の女の子と、堤下(先輩)のお友達の体操選手。聞けば堤下(先輩)の招待で今回のライブに来てくれていたそうな。ありがたや、ありがたや。それにしても堤下(先輩)の野郎、一体どこでこんなカワイイ子と知り合ったんだ。畜生め。

僕が合流した頃には皆さんはもうカラオケで盛り上がっていて、なんだか流れで僕も歌うハメになり、「リンダリンダ」と「あいどんわなだい」の名曲2曲を申し訳なく歌った。恥ずかしかった。堤下も歌って、体操選手も歌って、そして女の子の歌なんかはもう天使みたいで、それを聴いているだけで本当は幸せなんだけど、でもやっぱり僕はライブの事も聞きたいと思ってしまったのです。結局、そのまま朝が来てしまって、皆解散。帰りのタクシーの中であの人達がライブをどう見たか、それが気になってしかたがなかった。

そういえば以前ここでも書いたが、独演会に来てくれたお客さんで、自分の家で居酒屋を経営している女の子が「打ち上げはウチの店でやってください」と声をかけてくれて、僕達はその言葉に甘え、そしてその女の子とその子の父ちゃんと母ちゃんとで呑んだ。たしか『もも』というお店。僕はその時、本当にしつこくライブのことを聞いてしまって、もしかしたら面倒クサイ思いをさせちゃったかもしれないけど、でも勝手だけどその時間を僕はとても幸せに思ったんだ。そう、お客さんと話している時間が幸せだったんだよ。

僕は『日の出アパートの青春』の舞台を観てくれたお客さんとも呑みたいと思うよ。直接話して感想を聞きたいんだ。どのシーンがお気に入りだったかを聞きたいんだ。今度の『ろくでもない夜』にその人が来てくれたなら、ライブ終わりに1分でもいいから僕に時間をくれませんか?僕はきっと客席のその辺で呑んでいるから、声をかけてくれると嬉しい。とても嬉しい。

結局僕はこんなですよ。なんだかんだ言っても気にしてしまっているんだ。でもそうなってしまった自分も受け入れようと思う。だからね、今度のKING KONG LIVE はアンケートをとろうと思っている。面倒かもしれないけど、気が向いたら書いて下さいな。少しでも声が聞きたい。

呑み潰れてそのまま座敷で寝てしまった僕に、そっと毛布をかけてくれた居酒屋『もも』のお母さんへ。あれから僕は2度、風邪をひいてしまいました。呑んでぶっ倒れるクセを直していないからです。ごめんなさい。最近では「結婚しない」とかほざいています。僕は生涯ずっと独りでこの調子かもしれません。聞きたいこともいっぱいあるけど、話したいこともいっぱいあるなぁ。KING KONG LIVE で全国をまわるので、また店の近くに寄ったら遊びに行きます。

地方のホテル。17時半。曇り。

2008年4月

Posted by nsnkouron