2008年4月 8日 (火) 桜チルチル

2021年10月23日


 

始発の新幹線で京都へ。京都駅で降りるも、別車両に乗っていた織田君の姿がホームに見当たらない。心配いなって電話する私。電話に出るやいなや「すみませんっ!」と織田君。

「今どこ?」

「すみませんっ!新幹線の中です」

「寝過ごしちゃったの?」

「いえ、普通にドアが閉まってしまいました!」

「!」

「すみません、西野さん!」

「えっ・・と、寝過ごしたんじゃなくて?」

「そうなんですけど、普通にドアが閉まってしまいました!」

朝っぱらから大暴れの妖怪ちんぷんかんぷん。「寝過ごした」を頑なに受け流し、「普通にドアが閉まった」を全面に押し出してきやがる。そもそも、「普通にドアが閉まった」とはどういう状態か?ドアは普通に閉まるものではないのか?謎は深まるばかり。よくわからないまま、とにかく僕は一人で現場に向かったわけです。そして現場に着くがスタッフさんが誰もいない。聞けば昨晩の段階で収録時間の変更があったらしく、入り時間は1時間後に変わったそうな。「そんな連絡受けてないぜ」と思いきや、昨晩の段階で織田君にはキッチリと連絡が入っていたというじゃないか。織田君から僕への伝え忘れ。なんともまぁ。うん?ちょっと待てよ!だとしたら何故、織田君は始発に乗ったのか?いろいろわからなくなってきた。妖怪ちんぷんかんぷん本領発揮だ。こうなったら誰も手をつけられないぜ。しかたなく1時間待ちぼうけすることになった僕。そしてその織田君が現場に着いたのが1時間後、変更後の入り時間ピッタリ。頼む!織田君よ、爆発してくれ。

なかなかハードな日が続いております。ろくに酒も呑めやしない。マネージャーの織田君は僕よりもっと大変なはず。昨日は新番組『全力!Tunes』2回目の収録。言ってしまえば初回の収録は4人がうまく機能せず、「まずまずの滑り出し」というラインにも届いていなかった。その危機感は皆感じていたようで、2回目となる今日は見違える程、と言えば大袈裟ではあるが、それでも役割分担ができていたように思う。こうなってくると収録が楽しい。2本撮りの収録、1本目と2本目の間にアホの中田とカレー屋さんでランチ。以前、アホの中田が「今度、一度ランチしてみませんか?」と言っていたのを思い出して、「ランチしようぜ」と誘った。たぶんお互い「ランチ」と言いたかっただけだと思う。

番組の事や、ライブの事、今後の事を話した。アホの中田とはこういう話以外したことがない。アホだからしかたがない。それでも僕はアホの中田のそんな話を聞くのが好きだ。アホは嘘臭くなくて良い。

本日2本目の収録も気を引き締めて、そしてゲストの方に助けられながら、うまくいった。初回、そして2回目よりも楽しめた。少し光が見えてきて、この番組が好きになりはじめたのがわかった。

収録終わりはスタッフさんとの親睦会、とは名ばかりで、結局キングコングとオリエンタルラジオと総合演出の5人で意見のぶつかり合い。皆、番組をいいモノにしようと必死。オリエンタルラジオの言い分がすごく正しかったのが微笑ましかった。奴らは立派な後輩で、立派な芸人だ。梶原と中田の言い合いに意見する僕と、ボケーとしている藤森。藤森はきっとコンパの事を真剣に考えていたと思う。もしくはサーフィンの事。そうであって欲しい、アイツには稀代のチャラ男であって欲しいのだ。その方が面白い。オリエンタルラジオとはなんだかいいコンビになりそうな気がした。

日付の上では明日からKING kONG LIVE がスタートする。春がとうとう動き出した。

京都は雨、桜が散っちゃうね。

2008年4月

Posted by nsnkouron