2008年4月22日 (火) また、楽しみでしかたがない

2021年10月23日


 

右足は普通の靴下、左足は5本指靴下、「朝、急いでいたので」という理由で、このとんでもない偉業を成し遂げたのはご存知、妖怪ちんぷんかんぷん。どちらも黒色だったから気づかなかったらしい。(詳しくはKINGKONGホームページにGO!)今日もスゲェぜ、織田くん。

やりたい事がたくさんあります。ただ、今集中してやらなければいけないものが何かはわかっています。今の僕は特に見失っていない。なのでそれらは後々「タイミングを見計らって、」ということになりそう。

例えば、神保町花月の脚本なんて書けば確実に楽しい思いができるのだ。しかし明らかにそれは僕の本業からは外れている部分なので、そこに入れ込みすぎるのもどうかと。とは言え、もうすでに次の話は考えておるのですが。ただ私、やはり本業はキングコングなのであります。そして今、キングコングでやってみたいことがいくつかある。とりあえず2年間は漫才に集中しますが、それからは色々やってやろう。最近思うのは、何だってできるということ。僕は「何だってできる」と思っているからね。与えられた仕事をやってもしかたがない、とは思わないが、与えられた仕事だけをやっていてもしかたがないと思う。だから、誰もやっていない、自分が考えた自分だけのアプローチ、そんなものをやっていきたいのです。そして僕はキングコングで一つそれを思いついたんだ。

先にも言ったけど、そのタイミングが今じゃないことは重々承知。ただねぇ・・やりたいのよ。僕はすんごいやりたいのです。あぁ、やりたい。だけどどっちつかずになるのは一番嫌なので、一つをキチンと極めてから次に行こうと、ここは我慢であります。なので今の間に固めておこう。

そして、皆をね・・ビックリさせてやるのです。

2008年4月

Posted by nsnkouron