2008年5月 7日 (水) 三谷幸喜さんと


 

本日お仕事で御一緒させていただき、面識がなかったもんで少し緊張しながら楽屋へ挨拶。「今日よろしくお願いします」と言って去ろうとした僕を止めて「日の出アパートの青春買いました。面白かったです」と三谷さん。言われた僕はTHE有頂天。まったく誰が観てるかわからないもんだ。とてもとても嬉しい。

しばらくしてメイクさんと雑談しているところへやってきた三谷さん。観ておいた方がいい映画をわざわざ伝えにきてくれたのです。そして次の舞台の話題で話し込む。『グッド・コマーシャル!!』がそれ。三谷さんの意見も聞けて僕は幸せ。そして収録が始まる時間がやってきてスタジオに移動した。

ピンマイクをつけてもらって本番前、また話しかけてきてくれた三谷さん。「あの設定なら・・・」また舞台の話。笑った。そして僕はこの人が大好きになったのです。

本番中。本当におバカを繰り返す三谷さん。仕事を忘れて普通に笑ってしまって何も機能していないダメな僕。だって楽しかったんだもん。楽しい時間はあっという間に過ぎて、本番終了。また次にお逢いする機会があれば、その時までには舞台を仕上げておきたい。

ラジオの生放送まで時間が空いたので楽屋に残って脚本をカリカリと。ドアのノックが鳴って、誰だろうとドアを開けたら、電話を持った三谷さんのスタッフさん。「どうしました?」と聞けば、「ウチの三谷が・・」と携帯を渡され、「もしも~し」と三谷さん。今日のお礼を言いましたところ、「で、あの設定なんだけどさぁ~」と舞台の話。大好きだ、この人。「お笑いの話ばっかりするな」という大人に見せたいよ。『グッド・コマーシャル!!』の中身について話し合った。設定を褒めてもらったんだ。そして三谷さんの「こんな広げ方はいかが?」という展開がバカみたいに面白かった。あまりにもくだらない。僕は一日中、こんな話をしていたいのです。

「ザ・マジックアワー」の公開がもうすぐです。三谷さんに貰った招待券を握った僕の胸は今からドキドキしているのであります。絶対に楽しい映画だもの。

僕もやらなきゃ。『グッド・コマーシャル!!』、お客さんも三谷さんも全力で笑わせにいってやるのです。今日はとても嬉しかった。やるぞぉぉぉお。

2008年5月

Posted by nsnkouron