2008年5月10日 (土) 舞台だぜ!


 

もうこんな時間。今度の舞台のお話のオチが思いついたことと、三谷さんとの出会いが重なって、今ボクの頭の中は結構な割合で舞台が占めている。だけど今日は絵本を描く日と決めていたので、絵本制作をカリカリと。今日はまったくお腹が減らなかったけど、とりあえず夜にラーメンを一杯食した。近くのラーメン屋さんで味噌ラーメンをば。外はほどよい涼しさで、散歩がてらの帰り道にTUTAYAに寄って『交渉人 真下正義』を借りた。そもそも交渉人というのは警察の管轄なのか?そんな事すら知らないボク、これから少しづつ交渉人のルールを勉強する為、まず初めはとっつきやすそうなところから。明日の朝に観よう。それもこれも今度の舞台の為なのだ。というように、ここ数日は時間が空けば舞台のことを考えてしまっているわけで・・・。

この場合での舞台というのは、いわゆるお芝居のことで、そんでボクが作るお芝居というのはコメディーのことで、その辺をご了承いただきたく思いつつ、引き続きこの文章を。

舞台がとても面白いものなんじゃないかと、今のボクは思っている。「気づくのが遅い」という声が聞こえてきそうだけど、そりゃポーズで「舞台って面白い」と言うのは簡単だけど、いやはや今のボクは本当に面白いと思ってきているんだ。前よりもずっとずっと。ボクが「舞台って面白いなぁ」と最初に思ったのは後藤さんの舞台を観たとき。それがキッカケ。今尚、ボクは後藤さんの舞台の大ファン。「ひーはー」がとにかく楽しくて、キャッキャ言っていたら、ちょうどそのタイミングで舞台のお話をいただいた。それが今年の頭に神保町花月で公演された『日の出アパートの青春』、ボクのア処女脚本作品。本を書く時には配役はもう決めていて、「きっとあの人がこんな事をしたら面白い」そんな楽しい妄想の後押しでバババッと一気に書き上げた。もともと短編映画でやったものだったし、話のレールはすでに出来上がっていたんだ。そして演出を鈴木つかささんにお願いした。舞台の演出がなんたるかをボクは何も知らなかったから。ボクの仕事は本当ならそこで終わりなんだけど、稽古にも参加した。一つの舞台がどうやって出来上がっていくのかを見ておきたかったから。そしてボクが舞台に初めて足を踏み入れた作品『日の出アパートの青春』が出来上がった。そしてDVDにもなって、その嬉しさからボクは次の舞台の構想を思いつく。ちょうどそのタイミングで三谷さんと出会って、DVDを観てくれていて、「面白い」って言ってくれたから、よけいに拍車がかかって、今。

後藤ひろひとさんと三谷幸喜さん。ボクは舞台の人の知り合いが他にいないもんで、舞台の、そして脚本の話をさせてもらったのはこのお二人だけ。お二人共バケモノみたいに面白い人で、そしてそんなお二人と接触するタイミングがボクの次の舞台の話が上がったタイミングにバッチリで、これは本当にただのラッキーなことなんだけど、後押し以外の何者でもなかったんだ。ここで舞台をやらなきゃバチが当たるぜ、ていうさ。とにかく舞台を好きになるべくして、好きになってるんじゃないかと。やらなくちゃ、舞台。コメディーだ、コメディー。

客入れの時はビッグバンドの演奏を流したいなぁ。見ているだけで楽しいセットに役者さんに立ってもらいたいなぁ。お芝居って少し敷居が高いからさ、ボクその時はTVや雑誌に出れるだけ出て宣伝して、舞台に来やすい環境にして、なんなら子供ちゃんにも来て欲しいなぁ。泣かない程度のね。酔っ払いは来ちゃダメだよ、ボクは追い返すクセがあるから。楽しいことの邪魔は誰もしちゃいけないんだ。

楽しい、楽しい、そんな舞台を今ボクは作りたいと思っています。

2008年5月

Posted by nsnkouron