2008年5月11日 (日) コマーシャル


 

また舞台の事を書くことになりそうで、ほぼ同じ内容が何日も続いてしまってすみません。他にも楽しいブログを書かれている方がたくさんおられるので、そちらの方をオススメします。

『はねるのトびら』の収録終わり、今日も湾岸スタジオ楽屋に残り制作活動。絵本制作から『グッド・コマーシャル!』脚本書き。そこにチンコズルムケ糞ハゲ作家の山口トンボが居合わせたもんで、「こんなんどう?」なんて言いながら自分で動いてやってみせている間に盛り上がってきて登場キャラの気持ちになってきて、台詞が口から出てきたもんで、急いで書き留める。その繰り返し。これはキングコングの漫才を作るときと同じやりかた。そして今日は結構進んだ。本当におバカな話。

登場人物が3人と、結構一人一人の負担が大きいと思うので早く書き上げて役者さんに渡したい。そしてボクは音楽やら舞台セットのことを早く考えたいのです。あぁ、楽しみ楽しみ。

昨晩が徹夜になってしまったのには理由があって、いろいろ調べていくうちに「コマーシャル」というのは「宣伝」という意味以外にも、アマチュア無線用語で「仕事」を意味するらしい。これは大収穫。偶然にも今回のお話は登場人物達による「素晴らしい仕事」のお話だからだ。なんとまぁ。話のキーポイントとして「宣伝」が使っているので、そもそもタイトルはそこからもってきたんだけど、これは思いもよらぬ宝物。ということでテンションが上がってしまってその勢いで徹夜。明け方、ボクはとっても嬉しい気持ちだったのです。

あと少しだけ作業を続けて、この後は板倉さんとトンボと呑みに行く。毎週末同じ流れ。きっと制作物の発表合戦。この酒が旨い。

グッド・コマーシャル!だぜ。

2008年5月

Posted by nsnkouron