2008年5月14日 (水) 爆死寸前ベイベー


 

早速。昨日言っていたお仕事が決まってしまったのです。カッコつけて「なんでもきやがれ」という言葉で昨日のブログを締めたけど・・・早いよ、気持ちの準備もヘッタクレも何もないぜ。でもやるしかない、俺やるよ、母ちゃん。

そしてそのお仕事の内容。これがもうなんというタイミングなのか、と。

後藤ひろひとさんと出会って、『ひーはー』を観て感銘を受けたタイミングで舞い込んできた舞台の話。そこで『日の出アパートの青春』を作り、それがDVDに。そのタイミングで次の舞台『グッド・ニュース!』の構想ができあがる。そのタイミングで『日の出アパートの青春』のDVDを観た三谷幸喜さんとの出会いで舞台熱に火がついて、『グッド・コマーシャル!』の演出もすることに決める。ボクの中のコメディーが少しづつ目を覚ましてきたこのタイミングで、今回のお仕事の依頼・・

「夏に舞台の企画があがってまして、その脚本を書いてほしい」とのこと。なんというタイミングか。これはボクが舞台熱が上がってきたことを知った人からの依頼ではなく、たまたま偶然まったく別の角度からの依頼。とにもかくにも『グッド・コマーシャル!』と同時進行でボクはもう一本お話を作ることになったのです。そしてただいま頭の中には何の構想もありませんで、ピンチです。詳細は追々。

だけどやるからには「手がまわらない」なんてクソみたいな言い訳をするつもりなぞサラサラなく、確実に素晴らしいモノを作り上げたいと思っているわけで・・そりゃいろんなもん失うぜ、まったく。

まぁ、ボクが言いたいことは「少しばかりお小遣いを貯金しておいてネ」ということ。一番楽しい使い方を約束するとだけ。では作業に入ります、サラバ。

2008年5月

Posted by nsnkouron