2008年5月16日 (金) アタマガイタイ


 

頭が痛い。バカみたいに痛い。うなじ辺りの筋肉痛が長引いたせいなのか、はたまた原因は別にあるのか。とりあえずハッキリと分かっていることは頭が痛いということ。

今日はひたすら漫才を演って、作って、そんでラジオで喋って、帰ってきて夏にやる方の舞台の脚本を書いた。結構進んだ。しかしまだ油断はできない。昨晩は映画DVD『交渉人』を観た。これは秋にやる方の舞台のお勉強。今日は今から後藤ひろひとさんの舞台DVD『人間風車』を部屋を真っ暗にして観ようと思っている。三谷さんが「観ておいた方がいい作品」と題したメールをくれて、そこに挙げられた作品は全て観ようと思って今取り寄せている最中。絶対に全て観る。そして『ザ・マジックアワー』は面白い、そして楽しい。ボクの大好きな映画になった。樅野さんにメールをした。「神保町花月はこれからもコメディーを書いてください」というワガママメール。だってコメディーが観たいんだもの。その樅野さんから昨日深夜電話があったけど、気づかなかった。朝、着信履歴を見てヘコんだ。お食事のお誘いだったらしい。

ボクは人の事を嫌いになんかなりたくないけど、やはりボクも人間で、どこまでいっても人間で、ボクの事を敵にしている人の事は、しかたがないから敵にしてしまう。本当に残念だけど、これはしかたがないこと。だからなるべくボクの事を敵にしないで欲しい。敵にされるのが嫌なのではなく、あなたを敵にするのが嫌。ボクはその人の名前をしっかりと覚えている、それはキチンとその人の前に行こうと思うから。直接会って話をしようと思うから。そういえば一昨日の夜、街ですれ違った人の態度があまりにも納得がいかなかったので喧嘩した。ボクも知っているTV局の局員様だったんだけどやっぱり納得がいかなくて喧嘩。仲裁に入った後輩ちゃんに「てめぇのせいで仕事が来なくなったぞ」と後でみっちり叱られた。このブログ見てたらこの場を借りて、ホントごめん。だけど納得がいかなかったんだよ。ボクは芸人なんて「芸人ごとき」でいいと思っているんだけど、一緒にお笑いを作る側の人間はそこを理解した上での「芸人ごとき」扱いをして欲しいんだ。根底から芸人をナメきっている奴は本当にブッ飛ばしたくなるんだよ。

あぁ、頭が痛い。明日の夜は舘野さんが芝居を観につれてってくれるってもんだから楽しみ。ていうかボクは幻冬舎さんにまったく頭が上がらない。ボクは幻冬舎さんから何一つ出版したわけでもない。いつからかずっとお世話になっている。やらなきゃ、絵本。

漫才と夏の舞台と絵本と『グッド・コマーシャル!』、とにかくこの4本をやらなきゃ。そして次のライブは5月19日にKING KONG LIVE の新潟公演、5月28日に西野亮廣独演会in山形、5月30日にろくでもない夜。そしてなによりレギュラー番組。ボクは皆みたいに結婚なんてできそうにもない。そんなボクの支えはここに携わっている人達、もうこの人達しかいない。ボクは寂しいのが嫌いでこの人達を失いたくないと思っている。だから、やるんだ。

今日は新しいお仕事の話をいただいた。ボクはTVの露出に関してはとてもナイーブだけれど、これはそのジャンルではない。口うるさい先輩と二人でのトークライブの企画、定期的にやるらしい。パンクしそうだけど面白そうだから乗っかることにした。今年はもう終わったね。

今日は頭が割れそうに痛いんだよ。なんだコレ。

2008年5月

Posted by nsnkouron