2008年5月18日 (日) ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック


 

ただいま本社で脚本をシコシコ書いております。夏にやる方の舞台の脚本をシコシコと。『日の出アパートの青春』はアパートの廊下がステージ、そして秋にやる方の舞台『グッド・コマーシャル!』も日常的な場面から始まるお話でして、さてその間にやる事になった今回の舞台、私一体どんなお話にしてやろうかしら?と考えたのであります。そんでもって出てきた答えが「非日常」ということになりまして、それに基づきタイトルも少しばかしフザけたものになってしまいました。

『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』

最も重要視すべきストーリーを後回し、今回はステージ、そして登場人物から作っていったのです。「作っていった」と言っても、まだまだ3割程度しかお話はできていませんが、まぁ順番で言えばそっちを先行させたのです。理由は楽しい、とにかく楽しいモノに仕上げたい一心からです。テーマは楽しくて笑えて中身のないものです。メッセージなんぞござりません。お話の作りは『日の出アパートの青春』のような勘違い連鎖もあり、そしてボクは成長しておりますので、それ以外の遊びも入れてみました。

今回はドーナツ博士も出てきますし、マカロニ怪盗団も出てきます。和歌山くじらテレビの番組スタッフも出てこりゃ、奇跡の発明ミラクルグッズも出てきます。ステージは博士の研究所です。どうですか?とても安っぽく、とてもバカな感じがしませんか?舐められるような入り口にしてやろうと思ったのです、入り口だけはね。そこから入ってボクは残りのストーリー展開でキチンと玄人を納得させてやろうと思うのです。

日時、場所、そしてキャストなどは追々発表します。言えることは『日の出アパートの青春』を観た人は観に来た方がいいということ。とっても楽しい舞台に仕上げてみせますので。

あぁ、楽しみ。

2008年5月

Posted by nsnkouron