2008年5月21日 (水) 親父のリボルバー


 

こいつが約28年前に火をふいてくれたおかげで、ボクが生まれて、そしてボクは今日も生きている。突然どうした?・・別に意図はない、今ふと思ったから書いただけ。だけどそれでいいんでしょうに。ボクは言いたいことを言って、やりたいことをやるんだ。チョット前にそうやって決めちゃったもんだから、今のボクに何を言ってもムダだぜ。

本日はタモリさんとお仕事。本番前にタモリさんの楽屋でペチャクチャ喋った。中目黒に群馬の美味しい地ビールを置いている店があるとのことで、「今度行こうぜ」となった。そういえば『いいとも』をやっていた時はこんな話を毎週40~50分はしていた。楽しかったなぁ。元気かな、おすぎさん。

『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』を書き上げて、ここ一週間くらい滞っていた絵本制作を本日より再開。同時に『グッド・コマーシャル!』の脚本制作も再開。再びこちらの方が動きだしたのであります。というわけで、収録後は楽屋に残りシコシコと作業。今は絵本制作の合間、少し目が疲れたので本日のブログを書いております。木下優樹菜がら「チョーうめぇっすよ、コレ」と言ってアイスクリームを頂き、スタッフさんが番組で焼いた鮎を楽屋に差し入れてくれたおかげで、お腹はもう一杯。なのでもう夕食は食べない。あとはひたすら作業、ひたすら作業。

作業の途中、妖怪ちんぷんかんぷんから電話。「マカロニ怪盗団のテーマのレコーディングなんですが・・・」、今度の舞台で使用する予定の唄の件。ボクが適当にギターでポロロンと作ったものをプロの方に編曲していただこうと、ダメ元でお願いしたものだったが、ありがたい。話が転がっている。こうなったらダメ元であの人に唄ってもらおうか。これがアリになるのであれば、ボクの趣味にしてやろうかしら、と不純な考えを持つ。それにしても、いい大人の会話に「マカロニ怪盗団」というワードが飛び交っているこの仕事を、やっぱりボクは愛おしく思うのでありました。

絵本制作、今描いているページが非常に難しい。第3部の最後の山だ。ここを越えれば第3部終了まであと少し。やるべし、書くべし、起きろ俺。眠い、起きろ、眠い、起きろの繰り返し。この生活はいつまで続くのかね。とりあえず嘆いてみるも、もう次の舞台の脚本が書きたい。ダメだね、こりゃ。とうぶん彼女はできそうにもない、というか作り方がもうわからないぜ。でもボクは君の隣に座ってシュークリームを食べたい。そういう願望を捨てたワケじゃないんだ。

おスネかじり虫が「バンドをやろう」と言い出している、それはもう完全に趣味で。ボクは趣味ならば否定しない、おスネかじり虫が強引に話を進めたら、ボクは巻き込まれる。ボクはどうなる?TVにラジオやってよ、KING KONG LIVE に独演会に ろくでもない夜 ときた。そんで『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』 に『グッド・コマーシャル!』、そして絵本制作。

忙しい?いやいや、ムチャクチャ楽しい。・・・ただチョットだけ眠い。

2008年5月

Posted by nsnkouron