2008年5月26日 (月) 俺たちゃマカロニ怪盗団


 

過ごしやすい季節になってきました。窓際に机を移動させて、網戸だけ閉めて、風がスースー、パソコンをパチパチと叩いております。今日は雨。ボクは晴れが好きだけど、雨も嫌いじゃない。涼しくていい匂いがするから。

もっぱら『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』の脚本とにらめっこ。ボクは話の辻褄を合わせるだけの死に役なんて絶対に作りたくなくて、「この役で良かった」と役者さん皆に思っていただきたいのです。また役者さん一人一人がそのように思ってくれる作品の方がキチンと熱が乗っかって素晴らしいモノになるのでは?と、そのように思うのであります。その点で言うと、今のところ一人だけ活かしきれていない役がありまして、そこをどうするか、今はその作業中です。

役名にもこだわっていきたいものです。やはりその名前が劇中で飛び交うわけですから、それはそれは素敵な名前にしたいという欲が出てきます。今日は名前が決まった登場人物のうち二人をご紹介。

悪の組織『マカロニ怪盗団』から二人。一人はマカロニ怪盗団リーダーのビリー・ルビッチです。悪い事を企むのですが憎めない奴です。ビリーという名はなんだか悪いグループに一人はいそうだったので元々決めていました。ルビッチは三谷さんに薦めてもらった映画『生きるべきか死ぬべきか』の監督、エルンスト・ルビッチから頂戴しました。もう一本薦めていただいた映画が『お熱いのがお好き』という作品で、この監督がビリー・ワイルダーときたもんだから即決。ビリー・ワイルダーは『ひーはー』の打ち上げに参加させてもらった時に後藤さんにも薦めていただきました。そんなコメディーが合体した名前、ビリー・ルビッチ。結果的に少し悪そうな響きといい、とても気に入っております。

もう一人はビリー・ルビッチの子分、デコデコ・ブッキーです。意外とすんなり決まりました。配役はまだ言えませんが、とにかくこの役をお願いする方の第一印象がおデコだったので、デコデコ。そしてこのキャラクターがまぁスットコドッコイな野郎でして、不器用なところからブッキーと。それをくっつけて、デコデコ・ブッキーとなりました。この名前もお気に入り。

今日はマカロニ怪盗団から、ビリー・ルビッチとデコデコ・ブッキーをご紹介させて頂きました。

コイツ達にどんな衣装を着せましょうか?そんなことを考えるのも楽しいです。そうだったんだね、演出をやると、こんなところも自分で決められるんだね。こりゃ楽しい。

ひきつづき作業に戻ります。では。

2008年5月

Posted by nsnkouron