2008年6月 1日 (日) ろくでもない夜の翌日


 

『ろくでもない夜』が終わり、帰宅後10kmジョギング。1時間の仮眠をとって湾岸スタジオへ。今日は『はねるのトびら』全ての収録が終わって時計を見れば22時。体力的になかなか限界にきていたもんで、今日は少し休もうかと思っていた矢先、「今日は残って作業する?」と板倉さん。こうなったらやるしかない。そしてキチンと作業グッズを持ってきた自分に拍手。ただいま深夜0時前、湾岸スタジオで板倉さんと二人。今夜もシコシコ働いております。喉が少しばかり痛い。

嬉しいことがあった。昨晩のライブに幻冬舎の袖山さんが来ていて、データに取ってもらっておいた絵本のイラスト、その2、3年分のデータまとめていただいた。それはズシリと十分な分厚さ、ボクが絵本制作に費やした重さだ。それをニヤニヤ眺めながら今日も引き続き絵本制作。早く完成させて皆さんにお見せしたい。そしてボクは海に行きたい。プカプカ浮いていたいんだ。

あと半年もすればゴールが見える。どんな気持ちになるのかな。一つのモノを作るのにそう何年もかけた事がないので何がどうなるのかわからない。でもきっと昨晩のライブに来てくれたお客さん達なら手を叩いて喜んでくれそうな、そんな気が確かにするんだ。たくさん褒めてくれるような気がするんだ。そんな事を思うと頑張れる。頑張ろう。

6月は休みの日がない。6月の目標は体調を崩さないことと、かなり難しいけど、絵本の第3部の制作を終わらせること。第3部はあと3ページ、時間を見つけてなんとかしてやろうと思っている。

これを書いていて少し眠くなってきた自分をブッ殺したい。どうして睡魔はボクのところにやってくるんだろう。ボクは睡魔が大嫌いなのに。やってくるならせめて絵本が出来上がってからにしてほしい、今は来ないでおくれよ。だからコーヒーを買った。

引き続き作業に戻ろうと思う。

もう少し待っててね。あなたの期待を裏切りたくないからね、少し時間がかかるんだ。

ボクはやるよ。

2008年6月

Posted by nsnkouron