2008年6月 4日 (水) 柵なんてブッ壊してやるよ


 

キンコンヒルズ、本日はゲストにロンドンブーツ1号2号さんと平成ノブシコブシを招いてのバスケットボール対決。雨が降ってしまったのでオープニングの予定が少し変更、そんなこんなで待ち時間ができてしまったので淳さんと談笑。淳さんはボクの絵本の事、そしてボクは今非常に興味があるjealkbの事を聞いた。ご存知、淳さんのビジュアル系バンド。実は先日、音楽戦士のゲストにも来ていただいて、大いに盛り上げてもらったのです。「遊ぶ」という事について考えさせられる内容でございました。やはり先輩、口を開けば為になるお話しをしてくださいます。ボクは遊ぶなら真剣に遊ぼうと思ったのです。

ただボクは遊びに対してはまったく足りていないということでもないです。『独演会』だって『ろくでもない夜』だって、『グッド・コマーシャル!』だって、絵本だって、誰かに頼まれてやっているわけではありません。自分がやりたくてやっているのです。遊びです。人を巻き込んで遊んでいるのです。その延長で頼まれてしまう場合もありますが・・・『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』がソレです。ただ入り口は頼まれたものの、もはや楽しんでおります。

そうそう、今日は嬉しいことがありました。

昨日、お会いした人のことです。名前を出していいのかわからないので伏せておきます。とにかくボクは『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』の音楽をキチンと作って欲しく、吉本にその依頼を投げましたところ、手を挙げてくれたのがその人。「今回の仕事にはあまり興味ないけど、西野君に興味がある」と、出会って第一声がソレ。もちろん笑った。「興味ない」て言っちゃうんだもん。よけいに信用できる。そんな人だからボクも興味がわいちゃって、ボクがボクの信用している人にしか見せていないモノを見せた。名刺のようなモノ。そんで話が盛り上がって、ボクはその人の前でギターを弾いて唄った。今度の舞台で使う「マカロニ怪盗団のテーマ」を。「コレをキチンとした曲にして下さいな」とお願いして、本日、「ラフができました」とCDを渡された。「この方向で仕上げてしまっていいのか?」という、ラフスケッチのようなもの。とは言え、もうすでに楽曲になっているんだ。昨日の今日だよ。惚れさすのが上手いなぁ。

「ただいま検討中です」という便利な言葉で逃げる人が多い中、こういう仕事をする人が好き。「検討中」はわかっているんだよ、「今、どこまで進んで、どこで止まっているか、その為にはどうすればいいか」、ボクはそれが知りたいんだ。とても「検討中」なんて一言で終わらせられる事柄ではないんだよ。真剣にやっていればね。「ゴメン!やってみたけど、ここまでしかできなかった。でも、何時何時までには、ここまでやる」、お互いこういう仕事の仕方が気持ちがいい。

とにもかくにも、もうボクの仕事の音楽関連はこの先その人にお願いしちゃおうかと思っている。昨日、会ったばっかりだけどね。そんなの関係ないんだ。糞作家のトンボだってボクと出合って3時間後にはキングコングの作家に決まったんだ。アイツは作家の経験もなかったし、そもそもアイツの書いたネタを見た事もなかったけど、そんなことどうだって良かったんだ。要はキチンと熱があるかどうか。なんでそんな人の選び方をするかって(選ぶというのは失礼を承知で・・)、その人と仕事をして楽しいかどうか、もうソレに尽きるからなんだ。

ここでようやく話を戻せます。ボク達は遊ばないと意味がないんだ。最近、それを本当に強く強く思う。遊ばないと意味がない。好きなことをしないと意味がない。その為の努力、その為の少しの才能と、その為の仲間。他人の目なんて本当にどうだっていい。自分が楽しめりゃ勝ちだ。まわりが自分の話題をすれば勝ちだ。心ない人の言葉で止まってちゃダメだ。適当にウンコを投げてやればいいんだ。それよりボク達は自分が遊べる場所を必死で探すんだよ。もがくんだよ。

日が明ければ、KING KONG LIVE。金沢公演。

ボクのやりたいこと。

2008年6月

Posted by nsnkouron